洗顔 知識

洗顔選びでクレンジング後の肌をいたわる

洗顔

せっかくクレンジングにこだわっても、その後の洗顔でお肌に負担をかけてしまってはもったいないですよね。
また、人気の洗顔を使用しても使い方、洗い方がまずいと洗顔料の良さは発揮できません。

 

逆に正しい洗顔料選びと洗顔方法を行い、しっかりと肌をリセットしながら、水分と油分のバランスが取れた肌はその後のスキンケア化粧品の働きを助けてくれます。

 

乾燥肌の方、ニキビができやすい方、オイリーな肌でお悩みの方、それぞれ気を使うべき点を知りながらお気に入りの洗顔を見つけて正しい洗顔を行い、美肌作りの土台を作りましょう。

 

 

二十年ほいっぷ


| 洗顔情報・知識一覧

ワンコインで買えるプチプラ洗顔の人気アイテム「ドットウォッシー」の洗顔石鹸は毛穴の汚れや詰まり、それに伴ういちご鼻のお悩みのケアに役立つと評判です。
お手頃価格で毛穴ケアまでできる話題の洗顔石鹸の特徴をチェックしましょう。

 

ドットウォッシーの洗顔石鹸とは?

ドットウォッシーは鼻の角栓を綺麗に除去してくれて、しっかりと保湿もしてくれるのが特徴です。
価格もお手頃なので試しやすいのも嬉しいポイントです。

 

天然粘土と高級オイルを配合した洗顔石鹸

「ドットウォッシー」には「ガスール」と「アルガンオイル」が配合されています。

 

ガスールの特徴

「ガスール」というのはモロッコだけで採れる粘土で、肌に使うと角栓や汚れを吸着してくれるのです。
「ガスール」は洗浄力と保湿力の2つを兼ね備えており、皮脂やタンパク質などの汚れを落としてくれるのでニキビ予防にもなります。

 

アルガンオイルの特徴

しかし角栓というのは時間が経つと再び出てくるので厄介です。そこで活躍するのが「アルガンオイル」です。
「アルガンオイル」は角栓の原因となる肌の乾燥を予防します。

 

「アルガンオイル」の保湿力は美容オイルの中でも優秀で、肌に乗せるとすぐに浸透します。それは「アルガンオイル」の持つ表面活性剤の機能のおかげです。

 

「ドットウォッシー」は「ガスール」で角栓を除去し、「アルガンオイル」の効果によって角栓をできにくくするのです。ぜひ泡立てネットでしっかりと泡立ててから、肌に優しく乗せてあげましょう。

 

 

 

| 洗顔情報・知識一覧

洗顔

クレンジング後に行う洗顔や、朝の洗顔など男女関わらず毎日行う洗顔は日々の継続でキレイな素肌作りの基本でもあります。

 

また、逆にこの日々の積み重ねは間違った洗顔の場合、お肌にとって負担が積み重なり、慢性的な乾燥、ニキビや肌荒れの原因、さらには毛穴のお悩みと古い角質によるくすみなど様々な影響が出てきます。

 

正しい洗顔を毎日行うことで、肌はしっかりと応えてくれますので、忙しい毎日の中でも正しい洗顔を心がけましょう。

 

正しい洗顔のおさらい

清潔な手で始める

実は洗顔前に手を洗わない人が多いんです。洗顔前の手洗いは手に残った汚れやほこり、雑菌や皮脂などが沢山です。
まずは手をキレイにしてから洗顔を行う習慣が大切です。手をきれいにしてから洗顔を始めると泡立ても良くなります。

 

また、手洗いを行いながら洗顔に適した水温の調節をすることもできますね。

 

洗顔料の泡立てをサボらない

洗顔は泡が命とも言えるくらい、泡立ては重要なステップです。ジェルタイプなどの泡立て不要のものは良いですが、洗顔石鹸、洗顔フォーム共に泡立てた泡で洗うことを前提に作られているので、洗顔料の良さを最大限に活かすためにも泡立てはサボらないようにしましょう。

 

泡立て不足は肌をこすってしまう原因にもなり、洗い上がりの肌の乾燥を招きやすくなります。
また、フォームタイプの場合は肌に洗浄成分が残ってしまう原因にもなるので注意が必要です。

 

最近では泡立てネットも100均でも購入できるので、美肌作りのためと考えて使っていない人は取り入れることをおすすめします。
手で泡立てるのと同じ時間で倍くらいの濃密泡を作れます。

 

もしくは泡タイプの洗顔料がおすすめです。

 

優しく泡を馴染ませるようにこすらずに洗う

洗顔料を泡立てる意味はここにもあり、泡の汚れを吸着する働きを活かすことで、こすらずに洗うことができます。
石鹸で落ちないようなメイクを落としている以外は肌表面の汚れや皮脂はこすらなくても優しくゆっくりと泡を馴染ませていくことで落とすことができるので、せっかちさんも注意しましょうね。

 

また、泡を乗せる順番としては汚れや皮脂が溜まりやすいおでこ、Tゾーン、鼻・小鼻、フェイスラインから馴染ませ、目元、口元は最後に馴染ませましょう。
皮脂の量が少ない目元や口元を先に洗ってその後に皮脂の多い箇所を洗うとその分、水分蒸発による乾燥の原因にもなるので、洗う時は皮脂の多い場所から落としていくイメージで馴染ませていきましょう。

 

すすぎは丁寧に回数は多め

すすぎ次第で洗顔の仕上がりは変わります。というのも汚れを含んだ洗浄成分がすすぎ不足で肌に残ってしまうのは肌の乾燥や皮脂の酸化にも繋がります。
また、タオルで泡の残りを拭き取るということは、その分こするように拭くことになってしまい、せっかく優しく洗っても最後にタオルで肌の皮脂や潤いを落とししてしまうことになります。

 

すすぎの目安は20〜30回くらいがおすすめです。
フェイスライン、髪の生え際などは洗顔料が残りやすいので丁寧にすすぎましょう。

 

すすぐ水の温度が高すぎる人が居ますが、これはNGです。皮脂は温度が高すぎると溶けだし、流れてしまいます。
この状態ですすぎを行うと必要な皮脂は流れ、肌の保湿成分がさらされてしまい、落としてしまいます。
乾燥の原因でもありますので、すすぎの水の温度は30〜32度くらいのぬるま湯ですすぎましょう。はっきりとした温度はわかりにくいですが、熱いと感じるよりは少し冷たいかなというぬるま湯にすることで、温度の影響による皮脂の落としすぎを防げます。

 

タオルドライで失敗しないように注意

意外にやってしまいがちなのが、タオルドライで擦ってしまうような拭き方です。タオルは乾燥しているので、肌に擦りつけると皮脂まで落とすだけでなく、肌自体に負荷もかかります。

 

優しく水分を吸い取るようにポイントごとに押しあてるようにしましょう。

 

また、タオル自体の衛生面も意識することでリセットした素肌への影響を減らせます。タオルは湿気が高い洗面所に置いてある場合が多いため、水分を含んだタオルは雑菌が繁殖しやすくなります。

 

毎日使うタオルは清潔なタオルを使用することをおすすめします。

 

間違えた洗顔方法、あなたはやっていませんか?

  • 泡立て不足
  • ゴシゴシとこするように洗っている
  • 熱いお湯で洗うのが好き
  • 冷たすぎる水で洗う
  • 1日の洗顔の回数が多い(3回以上は注意)
  • ニキビができると皮脂をしっかりと落とそうとしすぎている
  • タオルで最後の泡残りを拭き取るクセがある
  • タオルが不衛生

洗顔時のNG習慣をまとめてみました。洗顔の基本とは逆と考えてもらえればわかりやすいですね。

 

冷たい水で洗うのがおすすめ出来ない理由としては肌が急に冷たい水を浴びることで、肌の表面が急激に温度が下がり、敏感な肌の方や乾燥肌の方の場合、赤みなどを起こす場合があるためです。毛穴や肌の引き締めに良いというイメージがありますが、あくまで一時的な肌の収縮ですので、やはりすすぎはぬるま湯で行う方がその後のスキンケアにも良いと言えます。

 

皆さんが普段行っている洗顔と比べてどうでしたか?今回ご紹介したのは、あくまで基本ですが、基本を続けるのが一番大変です。
ただ、この基本があって、洗顔料の良さを感じることができるとも言えますので、正しい洗顔を改めてチェックしてみてくださいね。

 

 

 

| 洗顔情報・知識一覧

洗顔料の種類も今では沢山増えていますが、洗顔の原点とも言えるのが石鹸では無いでしょうか?シンプルな構成の石鹸は肌への負担も少なく汚れはしっかりと落とせる魅力があり、洗顔に石鹸を使用されている方は多いですよね。

 

またクレンジング後のいわゆるダブル洗顔時に使用する洗顔料として洗顔石鹸を使用している方も多いと思います。
そんな石鹸も今では形状や成分の内容にも違いがあり、種類も豊富です。

 

そんな石鹸の魅力や特徴についてお伝えします。

 

石鹸の魅力と特徴をチェック

石鹸のメリット

  • 成分がシンプル
  • 天然の界面活性剤はすすぎで肌に残りにくい他、肌に吸収されない
  • アルカリ性で汚れをしっかりと落とせるなど実は洗浄力が高い
  • 肌自体を育てるのに使える

石鹸に含まれる界面活性剤は、洗顔フォームなどと違い、天然の界面活性剤です。そのため、肌の上で汚れを吸着し水分を含むと流れていきます。
そのため肌に残りにくいことと、肌に吸収されないという点で身体や肌に優しく、さらに環境にも優しいというのが特徴ですね。

 

さらに、石鹸はアルカリ性なので、汚れを落とすのに優れています。

 

石鹸のデメリット

  • 保存に気を使う必要がある
  • 肌の状態が良くないと使用感につっぱりや乾燥を感じることがある
  • 洗浄力の高さが肌への負担になる場合もある

石鹸自体の作り方や成分によって違いはありますが、保存面では洗顔フォームなどの方が楽ですよね。
また石鹸で顔を洗って一番感じる顔のつっぱりや肌が敏感になっている方の刺激などが苦手という方も少なくありません。

 

石鹸は弱酸性である肌を一時的にアルカリ性へと傾かせます。この状態から肌が元の弱酸性に戻ろうとする働きによって、つっぱりを感じる場合が多いです。
ただ、この肌のつっぱりも肌の状態が健康なら感じることは少なく、使い続けている内に肌のつっぱりが感じられなくなったという方も多いですね。

 

しかし、皮膚科などで肌の治療や診察を受けた時に勧められるのは洗顔石鹸タイプが多いです。
これは肌の汚れを落としながら、水と混ざることで流れやすくなり肌に残りにくいため、洗浄成分による肌への影響を減らせるという点が考えられます。

 

固形石鹸と液体石鹸の違いって?

石鹸には固形石鹸と液体石鹸など形状自体に違いがある種類が登場しています。

 

固形石鹸と液体石鹸の違いは石鹸を作る工程で原料の油脂などにプラスする成分(水酸化ナトリウムと水酸化カリウムの違い)が変わることで、固形になったり、液体になるわけです。
そのため、石鹸という文字が付いていても中身は違うということが分かります。

 

固形石鹸は全体のほとんどが洗浄成分であるのに対して、液体石鹸は水分が多くを占めており、洗浄成分が少ない(全体の30%ほどが多い)ため、洗浄力では固形石鹸の方が優れています。

 

また、価格面でも固形石鹸の方が安い傾向にありますね。

 

洗顔石鹸と日用石鹸の違いは?

日用石鹸は主に洗濯や台所などに使用される石鹸で粉タイプなどがあります。

 

洗顔石鹸と日用石鹸との違いは汚れをしっかりと落とす(洗濯など)ことを目的としている日用石鹸に対して、洗顔石鹸は顔に使用するものですので、粒子が細かく肌への負担を考えて作られていますよね。また、皮脂を落とした後の素肌の乾燥を補うために保湿成分を配合するなど、同じ石鹸ですが、全く違う用途ということになります。

 

また身体用やお風呂用の石鹸の場合には洗顔専用石鹸よりも溶けにくい仕様となっていることが多く、粒子が洗顔石鹸よりも粗く形を保ちやすく作られています。

 

使いやすくおすすめされることが多い純石鹸

純石鹸とは界面活性剤が合成ではなく、脂肪酸ナトリウムもしくは脂肪酸カリウムで、成分のほとんどが石けん素地(全体の98%が基本と言われています。)で占めている石鹸のことを言います。

 

成分表記には石けん素地や水・グリセリンのみというものが多く、限りなく純粋な石鹸のことを指します。
液体石鹸の場合には、カリ石けん素地、脂肪酸カリウムとして表示されています。
洗浄力が高いですが、天然の界面活性剤なため、肌に残りにくく、肌への負担が少ないため、クレンジング後の洗顔でもおすすめされることが多いですね。

 

洗顔石鹸といっても種類は沢山ですが、お肌のことを考えるとできるだけ、シンプルなもので洗うのが肌にも良いです。
慣れるまで洗い上がりに違和感を感じる方も多いですが、それでも洗顔は石鹸でするという方が多いのは、違いや良さを感じられているということがあるためだと言えます。

 

 

 

 

| 洗顔情報・知識一覧

はちみつは自然の甘みで食事やデザートの調味料としても人気です。ハチミツには糖分だけでなく、アミノ酸なども多く含まれているため、栄養価も高いことが知られていますね。

 

そんなはちみつですが、美容面でも活用されることが多いです。スキンケア化粧品の保湿剤としてなど、肌を優しく潤わせてくれる美容成分でもあります。
最近では、このはちみつを使った洗顔、「はちみつ洗顔」も注目を浴びています。

 

芸能人の方にも実践されている方が多く、有名な方だとIKKOさんもおすすめしていたりします。

 

はちみつ洗顔ってどんな洗顔なの?

はちみつ洗顔とは、はちみつを使って顔を洗う洗顔方法です。
洗顔料にはちみつを1杯程度混ぜて洗うことで、洗顔で落ちてしまう皮脂や肌の保湿成分を補う形で洗い上がりを乾燥から守ってくれます。

 

やり方自体はとても簡単なので、誰でもできるという点もポイントですね。

 

はちみつ洗顔の基本的な手順

  1. 清潔な手で顔をすすぐ(ぬるま湯で温度は30度くらい)
  2. 洗顔料をしっかりと泡立てる
  3. 泡立てた洗顔料にはちみつをスプーン1杯くらいを目安に混ぜる
  4. 通常の洗顔と同ように皮脂の多い箇所から泡を馴染ませていく
  5. 顔全体に馴染ませたらキレイにすすぎます。(20回以上がおすすめ)
  6. 清潔なタオルで擦らずに吸いとるように拭く

ポイントははちみつの量が多すぎると泡がへたってしまうので、適量を混ぜることですね。
また、洗顔料をしっかりと泡立てるのは洗顔の基本ですので、しっかりと泡立てた泡にまぜることがポイントです。
毎日の洗顔でもOKなので、最初にはちみつ洗顔をしてみて、数日様子を見ながら、お肌に合うかを確認してから始めましょう。

 

はちみつ洗顔をする前のチェック

純度の高いはちみつを使う

通常のはちみつを使用しても良いですが、加工品の場合にははちみつ以外の成分や添加物が加わっている場合があります。
これらは、思わぬ肌トラブルの原因にもなりかねませんので、はちみつ洗顔にはできるだけ純度が高いものを使用した方が安心です。

 

アレルギーなどのチェックのためのパッチテスト

はちみつは食品ですので、基本的にはトラブルは起きにくいですが、自然の食品です。そのため、はちみつ自体がアレルギーという場合やお肌に合わない場合があります。また、加工はちみつの場合には他の成分が含まれている場合が多いので、はちみつ洗顔を試そうと思ったら、まずはパッチテストを行うことが基本です。

 

自作のはちみつ洗顔をするのが面倒という方

毎日、はちみつを洗顔料に混ぜるのが面倒という方には、はちみつ入り洗顔やクレンジングも多く販売されています。

 

例えば、ダブル洗顔不要でメイクも落とせるホットクレンジングのスキンビル(skinvill)は温感作用のクレンジングジェルでメイクを落としながら、ハチミツや他の贅沢な美容成分が失われていく皮脂や肌の保湿成分を補ってくれます。

 

スキンビル(skinvill)はクレンジングながら、全体の90.5%が美容成分となっており、クレンジングでありながら洗い上がりの肌はしっとりとした質感で、頑固な毛穴汚れや古い角質も落とし、ダブル洗顔不要でメイク落としと洗顔までを終えられる使い勝手の良さも人気が高いクレンジングです。

 

クレンジング後の肌が乾燥しやすい、さらにダブル洗顔をしているという方はチェックしてみてくださいね。

 

 

| 洗顔情報・知識一覧

ガーゼ洗顔は、洗顔後の肌につっぱりを感じる方にも優しい洗い上がりが特徴のガーゼやハンカチを使った洗顔方法です。
汚れを落としながら古い角質を落とすのにも役立ち、ニキビ肌にも負担が少なくおすすめされています。

 

ガーゼ洗顔のやり方は?

ガーゼ洗顔はガーゼに洗顔料を染み込ませ、泡立てて顔を拭くように汚れを落としていく洗顔方法です。

  1. 生地が柔らかいガーゼを用意する(赤ちゃん用が肌に優しくおすすめ)
  2. ガーゼに洗顔料を染み込ませ泡立てる
  3. ガーゼで顔を優しくなでるように拭いていく
  4. 全体を拭いたらすすぎを行う(水の温度はぬるま湯で)

ご覧のようにやり方はいたってシンプルですね。注意したい点としては、通常の洗顔と同じくしっかりと泡立ててガーゼの摩擦で肌を擦らないように注意することです。
また、すすぎの水の温度はぬるま湯で洗い流すことで皮脂の落としすぎを防ぐことができます。冷水でのすすぎがお好みの方は、ぬるま湯で泡を落として仕上げに冷水ですすぐようにするのがおすすめです。

 

ガーゼ洗顔で期待できるスキンケア効果は?

キメ細かい柔らかな泡で洗える優しい洗顔

洗顔時の泡立て不足を減らすことができ、泡立てネットよりも柔らかなでキメが細かい泡が作りやすいです。
そのため、肌が繊細な方や肌荒れを起こしている方にも柔らかな泡で洗えるので、負担も少ないという声が多いです。

 

肌表面の古い角質を落とす

ガーゼでの拭き取りは肌の古い角質を優しく落とすのに役立ちます。つい強く擦ってしまいやすい洗顔でも丁寧に細かな所まで拭き取ることができます。
肌のザラつきが気になる方にもおすすめの洗顔方法ですね。

 

ニキビ肌の方にも使いやすい

ニキビ肌の方の場合、余分な皮脂は落とす必要がありますが、落としすぎは乾燥を招き、皮脂の過剰分泌に繋がりやすくなります。
ガーゼ洗顔は余分な皮脂を優しく拭き取ることができるので、週に1〜2度くらいの肌のケアとして取り入れている方が多いですね。

 

乾燥肌にもおすすめ

ニキビ肌と同様に洗いすぎによる皮脂や肌の保湿成分の落としすぎを防ぐのに優しく洗えるガーゼ洗顔はおすすめです。
肌の乾燥が気になるという時などに、ガーゼ洗顔を行うことで、優しく汚れを落として洗い上がりの肌の乾燥を防ぐのに役立ちます。

 

ガーゼ洗顔は洗顔料に保湿に役立つ成分をプラスして行うアレンジも可能です。
例えば、ハチミツやオリーブオイルといった洗顔方法としても知られる材料を加えるだけで、洗い上がりの乾燥を防いでくれます。
ただし、やり方によっては摩擦による刺激がある場合があるので、週に1〜2回くらいでお肌の調子を見ながら普段の洗顔と織り交ぜて行うのが肌にも優しくておすすめしやすいです。

 

 

 

| 洗顔情報・知識一覧

クレンジング後に使いやすい肌への優しさと確かな洗浄力が人気の洗顔料や朝の洗顔に使いやすい洗顔など、今おすすめの洗顔料の人気ランキングです。

 

二十年ほいっぷの特徴
くすみの原因、皮脂膜のくすみと角質層のくすみ両方に働きかけるくすみ用洗顔です。
手間がかかる釜練り製法で作られた石鹸がチューブタイプで登場です。

注目の成分
ホエイ(チーズやヨーグルトを作る時に出る成分で豊富な栄養素を含み保湿に加えて美白にも役立つ)

無添加情報
保存料・着色料・防腐剤不使用

形状
フォーム・ペーストタイプ

内容量
120g 約1カ月分
価格 1,886
評価 評価5
備考 ペーストフォームタイプ
二十年ほいっぷの総評
くすみ対策の洗顔料として口コミでも人気が高い二十年ほいっぷです。皮脂膜の汚れをしっかりと落とせる気泡が小さくつぶれにくい弾力のある泡は肌の細かな凹凸に入り込んで汚れをキャッチ、そして角質層のくすみをケアしながらも美白に役立つ成分としても注目されている「ホエイ」を配合して透明感アップを洗顔でサポートしてくれます。

どろ豆乳石鹸どろあわわの特徴
泥パックのように肌の汚れを落としてくれる天然クレイを2種類配合した洗顔料です。
ずっしりとした濃密泡は一度使うとクセになるボリュームのある泡がおすすめです。

注目の成分
天然クレイ成分(沖縄酸マリンシルト・国産ベントナイト)・豆乳発酵液・コラーゲン・ヒアルロン酸

無添加情報
香料・着色料・鉱物油剤不使用

形状
クリーム状石鹸

内容量
110g
価格 2,980円⇒定期コース初回1,490
評価 評価5
備考 定期コースは専用泡立てネット・美容液プレゼント
どろ豆乳石鹸どろあわわの総評
洗顔料の中でも泡立ちの良さと密度の濃さでは口コミでも高評価なクリーム石鹸の洗顔料です。

なんと言っても天然クレイ成分を2種類配合することで、しっかりと汚れを落とせるという点と、豆乳発酵液などの保湿成分は肌表面とその下の角質を乾燥から守るのに役立ってくれます。
マナラモイストウォッシュゲルの特徴
美容成分97.5%、洗浄成分不使用の洗顔料で泡立て不要ですぐ使えます。
カプセル化パパイン酵素を配合し角栓除去にも役立ちます。

注目の成分
ハイドロキノン誘導体・ビタミンC誘導体、6種類のコラーゲン強化成分・高分子コラーゲン・水溶性コラーゲン・4種類のヒアルロン酸・オリーブオイル・スクワラン・ホホバ種子油・アーチチョーク葉エキス

無添加情報
合成香料・着色料・鉱物油・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤不使用

形状
ゲルタイプ(拭き取りでも使用OK)

内容量
120ml 約2カ月分
価格 3,456円⇒特別価格2,764
評価 評価5
備考 クレンジングゲルサンプルプレゼント中 45日間返金保証
マナラモイストウォッシュゲルの総評
朝の洗顔やクレンジング後のダブル洗顔を優しく洗いたいという方におすすめのゲルタイプの洗顔料です。

拭き取りでもOKでまるで美容液や化粧水のような洗顔料ですので、今まで洗顔後に肌がつっぱると感じていた方にも使いやすく、カプセル化パパイン酵素配合のゲルは毛穴の角栓までケアしてくれます。他にもハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体など肌の透明感をアップさせてくれる美白成分も配合しているので、くすみが気になる方にもおすすめです。
page top