手作りスクラブ クレンジング

手作りスクラブをクレンジングに混ぜた時の効果とは?

手作りスクラブは毛穴や古い角質を落とすのに役立つとして低コストでできる美容法の一つです。

 

塩を使った手作りスクラブはボディケアとしても役立ち、痩身マッサージなどとしても用いられていますね。
他にもハチミツに砂糖を混ぜたり、ココナッツオイルと砂糖、レモンを混ぜるなど様々なアレンジが登場しています。

 

顔に使用する際の手作りスクラブは塩よりも刺激が少ない砂糖を使った手作りスクラブが人気です。

 

クレンジングに手作りスクラブを混ぜた時の美肌効果

クレンジングと混ぜる場合には砂糖を少量、クレンジングクリームに混ぜてスクラブの変わりにします。
クレンジングによる洗浄と肌の凹凸や毛穴の汚れを落とす砂糖のスクラブの働きで、普段落とせていない古い角質をケアすることができるので、週に1〜2回の角質ケアとしておすすめです。

 

くすみが気になる方から好評

古い角質や毛穴の黒ずみなどは顔の印象を暗く感じさせるくすみにも影響します。
そのため、手作りスクラブを含んだクレンジングクリームでのケアは肌を明るい表情に戻すためのケアとして利用している方が多いですね。

 

手作りスクラブ入りクレンジングを使用する時の注意点

メイク落としと一緒に行わない

クレンジングクリームによるメイクを落とす効果は期待できますが、メイクを落とすのとマッサージを一緒に行うのは逆に肌にメイク汚れを押しこんでしまう可能性があります。

 

毛穴汚れをしっかりと落とそうとしすぎて何度もこすると肌の乾燥を招いてしまう場合もあるので、メイクを落とした後に行うケアとして理解しておくと良さを感じやすくなります。

 

スクラブには粒子が小さいものを選ぶ

砂糖や塩を使用する時は、できるだけ粒子が小さいものを選びましょう。
粒子のサイズが大きいと、肌を傷つけてしまう場合があります。摩擦による影響は必要な皮脂や肌の保湿成分まで落としてしまうことに繋がるので、砂糖の場合にはざらめ糖や中白糖ではなく、上白糖のように細かい粒の砂糖を使うと肌への刺激を減らせます。

 

スクラブを混ぜるのはクッション性が高いテクスチャーを選ぶ

こちらもポイント2と同じく、スクラブの役割を果たす塩や砂糖によって肌を傷つけてしまうのを避けるためです。
クレンジングクリームは柔らかく肌への刺激に配慮した柔らかいテクスチャーですので、選ばれることが多いです。

 

植物オイルなどを使用する時には、クリームよりもサラサラとしている場合があります。この時には粒子が細かいのを選ぶか、入れる量を減らして肌への刺激に注意しましょう。

 

手作りスクラブはクレンジングとしてではなく、肌ケアの美容法として取り入れた方が肌にも負担が少ないです。
紅茶やラベンダー、シナモンなどを使ったスクラブも登場するなど使っている時に心地よくしてくれるスクラブもあるので、週に1度のスペシャルケアとしてお試ししてみてはいかがでしょう?

 

酵素成分で毛穴の角栓をケア「マナラホットクレンジングゲル」

 

page top