シミ クレンジング

シミ解消のためのクレンジング方法とは?

年齢と共に浮かび上がってくる顔などのシミ、シミが一つあるだけで随分と老けてみられることもあり、何とかしたい方は多いですよね。
シミが出来てしまう原因には紫外線による影響や外部から刺激や摩擦によって蓄積されるメラニンが影響しています。

 

生まれつきシミがある場合にはセルフケアでの解消は難しいですが、年齢を重ねてからできるシミはセルフケアを丁寧に行うことで解消が期待できるケースもあります。

 

出来てしまったシミを何とかしたいという方はシミ対策のスキンケアを行っているかと思いますが、その中でクレンジングと洗顔も重要なポイントになりますので、正しいクレンジングと洗顔を知ってシミ解消や予防を目指しましょう。

 

シミの予防・解消のためのクレンジング方法とは?

クレンジングと洗顔が重要な理由として挙げられるのが、肌のメイクや汚れをしっかりと落としリセットしてその後に行うスキンケアの浸透をスムーズにすることや毛穴の汚れ、古い角質を落とし肌のターンオーバーをサポートすることが挙げられます。

 

汚れやメイクが残った肌はスキンケア化粧品の浸透にも悪影響

メイクをしっかりと落とせていない場合や古い角質が残った肌は固く、ゴワゴワとした質感にもなり、スキンケア化粧品の浸透にも悪影響があります。
クレンジングを選ぶ場合には、優しさも大切ですが、メイクの濃さに合わせて落とすべきメイクを落とせることが大切です。

 

オイルは乾燥する、ミルクは優しいというイメージだけでクレンジングを選ぶと、メイクを落とすのが中途半端になってしまう恐れがあります。

 

カッチリメイクの場合

リキッドファンデーションを使って濃いアイメイクをしている方はやはりしっかりと落とせるオイルやリキッドがおすすめです。
もしくはポイントメイク用のリムーバーと洗浄力が穏やかなクリームやジェル、バームなどの使い分けをして肌への負担を減らしながら落とすべきメイクはしっかりと落としましょう。

 

この場合にはしっかり落とした後の洗顔と保湿がポイントとなります。

 

ナチュラルメイクの場合

ミネラルファンデーションなど洗顔で落とせるタイプのメイクをしている方はミルクやクリームなどで落とせる範囲ですので、ポイントメイクに注意しながら、まずはしっかりとメイクを落としましょう。

 

摩擦や負荷をかける落とし方はメラニンの生成にも繋がる

クレンジングで注意しないといけないのが、洗顔と同様に擦らない、力を入れて落とさないことです。
肌への摩擦は必要な皮脂や保湿成分を落としてしまうことにも繋がりますし、刺激によって肌を守ろうとする働きでメラニンの生成に繋がってしまいます。

 

そのため、洗浄力が不足したクレンジングを使ってしまうと、必要以上に肌を擦ってしまうことに繋がることになります。

 

こういった場合には、クッション性の高いタイプのクレンジングがおすすめで、例えばジェルタイプなどは肌への摩擦を抑えながらメイクを落とすのに向いています。

 

メイクが肌に残ってしまうことによってスキンケア化粧品の浸透性を邪魔するだけでなく、肌の酸化による乾燥など様々な影響があります。
優しいクレンジングというキャッチフレーズは魅力的ですが、クレンジングはまずメイクを落とすことができることをポイントに自分のメイクの濃さと照らし合わせて選んで見てくださいね。

 

大人女性の為の美容オイルで出来たクレンジングオイル

 

page top