洗顔ブラシ メイク落とし

洗顔ブラシはメイク落としの時に使っても良いの?

みなさん、洗顔ブラシは使ったことはありますか?洗顔の時に使うだけで肌の細かい凹凸や毛穴汚れを落とすのに役立つ洗顔アイテムの一つです。
良いものを使えば手で洗うよりも肌に負担をかけずに洗顔をすることができるため、愛用されている方は多いです。

 

そんな洗顔ブラシですが、ムラなくキレイに洗えるなら、メイク落としの時に使ったらキレイにクレンジングできるのでは?というように感じることもなくはありません。
こちらでは洗顔ブラシをメイク落としの時に使えるのか?という疑問について解説したいと思います。

 

洗顔ブラシの特徴と魅力

まず洗顔ブラシの特徴をご紹介したいと思います。洗顔ブラシはご存じのように先端に柔らかな素材で作られたブラシ部分を顔に当てて汚れを落としていく洗顔アイテムです。

 

通常は手で肌の汚れを落としていきますが、どうしても洗いムラができやすくなります。
洗顔ブラシはこの洗いムラを減らすことができるという点がまず魅力と言えます。

 

毛穴・古い角質の除去をサポート

洗顔ブラシは細かいブラシ部分が肌に残っている古い角質や細かい毛穴汚れを落とし、詰まりや古い角質と皮脂が混ざることで出来やすい毛穴の角栓の予防にも使えるアイテムです。

 

しっかりと泡立てを行った洗顔料の良さを活かしやすく圧力をかけずに肌表面の汚れを落としてくれます。

 

洗顔ブラシを使う時の注意点

品質のバラつきと掃除の面倒さ

ただし、洗顔ブラシはモノによって品質に差が出たり、ブラシ部分の劣化に違いがあり、最初は良くても歯ブラシと同じように劣化してしまうことがあります。
特にブラシ部分が毛筆のようなブラシタイプは使用していくにつれて毛が抜けたり汚れが残っていると、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうので、使い終わった後のケアは欠かせません。

 

過度な洗浄など誤った使い方は肌荒れを起こす原因

これは通常の洗顔でも言えますが、キレイにしようとしすぎることで、必要以上にこすってしまう、力を入れてしまう、長い時間マッサージをしてしまうということで起きる皮脂や肌の保湿成分の落としすぎによる乾燥や肌荒れは注意する必要があります。

 

洗顔ブラシは使い始めると気持ちが良いので、つい丁寧にしっかりとと思ってやりすぎてしまう傾向にあるので、注意しましょう。

 

洗顔ブラシはメイク落としに使用することはおすすめしません

厳密に言うと使えないことはありませんが、おすすめはしません。というのも、メイクを洗顔ブラシで落とす場合、メイクとの馴染みが良くないと必要以上に擦ってしまう場合があります。また、洗顔ブラシで落とすとどうしても手で馴染ませるよりもスピードが上がってしまい、肌に負担をかける場合があります。

 

洗顔ブラシのお手入れ不足を招きやすい

メイク汚れは思ったよりも頑固で、筆タイプの場合は毛の中にメイク汚れを吸いこんでしまい、目に見えない汚れが付着しさらに皮脂をエサとする雑菌が繁殖するなど、衛生面での不安が出てきます。

 

洗顔ブラシをクレンジングで使用される方はゼロではありませんが、洗顔ブラシの使用法にはメイクをしている時は先にクレンジングでメイクを落としてから洗顔料を使用した顔の洗浄に使うと注意書きされていることが多いです。

 

クレンジングで落としきれなかった微細な汚れを洗顔料を使って落とす時に落とし残りを防ぐために、ムラなく洗顔をするという使い方がお肌にとっては負担が少ないと言えます。

 

 

page top