プチプラ クレンジング 使い方

プチプラ系クレンジングの良さを活かした使い方はある?

お手頃な価格ながら、使い勝手がよく、メイク落ちの評判が良いプチプラ系コスメが増えてきましたね。
メイク落としの分野でもプチプラ系クレンジングは人気が高いです。

 

クレンジングには種類が沢山ありますが、選ぶ時の基本は肌質とメイクの濃さ、ポイントに分けて落とすことがクレンジング剤の効果を高め、良さを感じやすくなります。
こちらではプチプラ系クレンジングの効果を高める使い方と、逆に効果を損ねる使い方、注意点をご紹介します。

 

プチプラ系クレンジング良さを活かした使い方

濡れた手OKかどうかを確認

プチプラ系クレンジングは使い勝手の良さを重視しているものが多く、洗顔と一緒に行えるクレンジングが主流です。
たとえばソフィーナのクレンジングはドラッグストアなどでも多く見かけますよね。

 

このタイプは濡れた手でも使えますという場合が多いですが、中にはそうでは無い乾いた手で使用するタイプもあります。
乾いた手での使用を勧めているタイプは濡れた手で使ってしまうと乳化が発生してしまい、洗浄力が下がるだけでなく、メイクとの馴染みも悪くなるので注意しましょう。

 

ポイントメイクも落とせるタイプを避けてみる

プチプラ系クレンジングは一つでポイントメイクからベースメイクまで落とせるタイプも多いですが、そのせいでお肌の乾燥を感じてしまう場合があります。
プチプラ系クレンジングの中にはリキッドやミルク、クリームなど幅広く種類もありますので、使い分けでもちょっとお高いクレンジングを1本買うよりもお得な場合もあります。
そのため、ポイントメイク用のリキッドクレンジングとベースメイク用のミルクやクリームを使い分けることで、それぞれの良さで肌への負担を減らしながらメイクが落とせます。

洗顔不要で乾燥対策

プチプラ系クレンジングの中には洗顔不要で拭き取るだけでOKのクレンジングもあります。
これらは洗浄成分に加えて、保湿成分を配合しており、すすぎ不要でも肌の乾燥を感じにくい作りになっているため、忙しい時や乾燥が気になる時などはこちらを使うというのもおすすめです。

 

プチプラ系クレンジングを使う時の注意点

便利だからこそ使うときは丁寧に

プチプラ系クレンジングに限らない話でもありますが、洗顔と一緒にメイクを落とすタイプはこすってしまいやすいです。
疲れて帰ってきた時などは急いでメイクを落としたいこともあり、ゴシゴシと洗ってしまい、乾燥を招いてしまう場合があります。

 

1本でポイントメイクまで落とせるプチプラ系クレンジングはそれなりの洗浄力があります。この洗浄力で肌を擦ってしまうのは肌にも負担となるので注意しましょう。

 

肌に負担となる成分のチェック

最近のプチプラ系クレンジングは成分自体も肌に負担をかけないように配慮されているタイプも増えてきましたが、それでもまだ、コストを抑えるための合成成分で代用している場合や合成界面活性剤の洗浄力が強いタイプもあります。

 

これら添加物はすべてが悪ではありませんが、お肌が敏感な方は肌に影響がある可能性の成分が配合されていないかチェックしましょう。

 

大人気のプチプラクレンジング「ファンケル」の洗顔とクレンジングをお試し

 

page top