ミネラルファンデ 落とし方

ミネラルファンデは洗顔だけ?クレンジングは必要?正しい落とし方とは?

肌の調子が良くない時や元々肌が繊細な方にも使いやすいミネラル成分でできたミネラルファンデーションは肌に優しいだけでなく、ミネラル成分によって紫外線からも肌を守ってくれるなど、敏感肌の方にとって便利なメイクアイテムです。

 

でもミネラルファンデだからクレンジングも楽で良い!という考えは使用しているファンデーションの種類によってはクレンジング不足で肌に負担をかけているかもしれません、。

クレンジング不要のミネラルファンデーションの特徴

ミネラルファンデーションと言っても最近では沢山の種類があります。基本的にはクレンジング不要(専用クレンジングではなく洗顔で落とせるタイプ)のものが多いですが、中にはミネラル成分配合のファンデーションをミネラルファンデーションとして販売しているケースがあります。

 

この場合はミネラル成分以外に油分などのファンデーション成分も多く含まれている可能性があり、この場合にはクレンジングが必要だと言えます。

 

逆にクレンジングが不要なミネラルファンデーションはミネラル成分オンリーのものは専用のクレンジング剤を使わずに洗顔料で落とすことができます。

 

日焼け止めや化粧下地を使用している時はクレンジングが必要

ミネラルファンデーションを使用している方はスキンケア後に塗るという場合が多いですが、紫外線対策として日焼け止めや日焼け止め機能付き化粧下地を塗っている場合はクレンジングが必要ですね。もしくは日焼け止めの場合にも専用クレンジングが必要かどうかが明記されているかをチェックすることをおすすめします。

 

ポイントメイクはクレンジングが必要

当然のお話かもしれませんが、ベースメイクにミネラルファンデーションを使用していてもアイメイクなどをしている場合にはクレンジングをする必要があります。
その場合にはポイントメイク専用のリムーバーを使用するなどしてこすらずに落とすようにしましょう。

 

ミネラルファンデーションが洗顔だけで落ちない時は?

専用クレンジング不要で落とせるということが記載されていても使用している洗顔料との相性で落ちにくい場合があります。
ミネラルファンデーションと相性の良い洗顔は純石鹸などの天然の界面活性剤で落とせるシンプルな洗顔料がおすすめされています。

 

せっかくクレンジング不要で肌に負担をかけたくないという理由でミネラルファンデーションを使用しているわけですから、落とす時の洗顔料も意識することでメイクの落とし不足や肌に残ってしまうのを防ぐことができます。

 

洗顔で落とせるメイクで肌の負担を減らしたい方

最近、ベースメイクなどでも洗顔だけで落とせるアイテムが増えてきました。
それらは通常の使い方をしている場合には洗顔だけで落とすことができますが、ベースメイクを重ねる場合には、どうしても洗顔だけで落としきれない場合があります。

 

もし落としきれないと感じる場合には通常のクレンジングを使うのも良いですが、例えばオリーブオイルやベビーオイルなどでのクレンジングは洗浄成分(界面活性剤不使用)が含まれていないため、肌にも負担が少なくメイクが落とすことができ、さらにオリーブオイルなどは肌の保湿にも役立つので、乾燥がちでミネラルファンデーションなどを使用している方で落としきれない気がしているという場合に使いやすいです。

 

薄化粧・アイメイクのクレンジング

普段から薄化粧で済ませている方も肌への余計な負担を減らす場合にはクレンジング不要なベースメイクやアイメイクがおすすめです。
マスカラなどもお湯で落とせるタイプも増えてきましたし、ミネラルファンデーションのようにクレンジングでは無く、洗顔で落とせるタイプも選択肢に入れてみると肌への負担を減らすことができますね。

 

また、ポリマー成分やウォータープルーフなどのツヤや皮脂を抑える機能がある化粧下地などはクレンジングが必要です。

 

クレンジングの種類の中ではミルク、クリームタイプのクレンジングが比較的穏やかな洗浄力で肌の必要な皮脂や保湿成分を落としすぎずにメイクを落とせます。

 

クレンジングを使用する場合には肌質やメイクの濃さに合わせてクレンジングを選ぶことで、落としきれない、もしくは落としすぎを防ぐことができます。

 

リップグロスで唇が荒れてしまう人のメイク落とし

口紅、リップグロスなど、口元のポイントメイクも様々です。
口紅やリップグロスは付けてから食事などをしたりすることで、落ちてしまうので、メイクを落とす時には落ちていたりすることもありますよね。
そんな場合は洗顔でも落とせることもありますが、クレンジングで落としている方も多いです。

 

ただ、唇は乾燥しやすい箇所でもあり、荒れてしまいやすいですよね。ベースメイクなどを落とすクレンジング剤で落とすには少し繊細な場所でもあります。
唇の乾燥が気になるけど、メイクは落としたいという時には、やはりの唇のメイク専用のリムーバーを取り入れるのが安心です。

 

メイクを落としながら美容パック効果の炭酸クレンジング「肌ナチュール」

 

page top