リキッドファンデーション クレンジング

リキッドファンデーションのクレンジングはどのタイプがおすすめ?

毛穴やくすみ感までしっかりとカバーしてくれる年齢肌のお悩みの味方的な存在のリキッドファンデーションは、肌の悩みが増え始める年代の方に愛用者が多いですよね。

 

また、しっかりとメイクをしたい時、崩れさせたくない時にも便利ですが、その分、メイクを落とす時にはどんなタイプのクレンジングを使うべきか悩む方も多いのではないでしょうか?

 

リキッドファンデーションはしっかりと落とせることで選ぶのがおすすめ

クレンジング選びでは肌に優しく、必要な皮脂や肌の保湿成分まで落とさないように気を使いますが、それでもメイクの濃さによっては優しいクレンジング剤はメイクが落としきれずに肌に残ってしまう可能性があります。

 

例えば、ミルクやクリームタイプはクレンジングの種類の中では比較的穏やかな洗浄力で優しいと言われていますが、日焼け止めや化粧下地、リキッドファンデーション、フェイスパウダーを重ねている場合には落とすのに時間がかかってしまったりと少し洗浄力に不安があります。(使い方によって変わります)

 

オイル・リキッドなどの洗浄力が高いタイプをチェック

一般的にオイルやリキッドでメイクを落としていると肌の乾燥が気になるという方もいますが、種類や落とし方次第では肌への負担を減らしながら、落とすべきメイクや汚れをオフすることができます。

 

また、クレンジングはあまり時間をかけて行うよりも落とすまでの時間は必要以上にかけるべきではないので、オイルやリキッドなどでまずしっかりとメイクを落とし、洗顔後の肌をしっかりと保湿するケアを行う方が、結果的に肌に汚れが残らずに済む場合があります。

 

ミルクやクリームタイプで落とせているか不安になり、洗顔で念入りに洗っているという場合にはオイルやリキッドもチェックしてみると良いですね。

 

できるだけ肌の乾燥を抑えながらメイクを落としたい時はジェルタイプもおすすめ

オイルやリキッドタイプの洗浄力が高いのはわかるけど、やっぱりちょっと使うのが心配という方は、洗浄力と潤いをキープするバランスが取れているジェルタイプもおすすめです。

 

ジェルタイプは油分も含まれているため、油性のメイクとの馴染みがよく、テクスチャー自体に粘度があり、クッション性も高いため、肌をこすらずに滑らせるように馴染ませられます。

 

肌の乾燥が気になる方の場合、クレンジング後の洗顔で乾燥を進めてしまっている場合があるので、ジェルタイプに多いダブル洗顔不要のクレンジングをお試ししてみるのも良いですね。

 

ジェルタイプには油性タイプとオイルフリーの水性タイプがあります。カッチリとリキッドファンデーションなどでメイクをしている場合には油性タイプの方が洗浄力が高いので、選ぶ時にはチェックしてみてくださいね。

 

クレンジングの役割はメイクを落とすことですので、普段、カッチリとメイクをしている方は肌質を考慮しながらも、メイクが落とせることを前提にクレンジングを選ぶことが大切です。

 

オイルなのにつっぱらないオイルクレンジング

 

 

ジェルタイプでダブル洗顔不要のホットクレンジング

 

page top