化粧下地 落とし方

密着度が高い化粧下地の落とし方

素肌とファンデーションの密着度を高めて馴染みを良くする役割の化粧下地はメイクでは欠かせないですよね。
肌の凹凸や毛穴が気になる方、皮脂をしっかりと押さえたいという場合にも役立つベースメイクアイテムです。

 

最近では、化粧下地とファンデーションが一つになったタイプ(BBクリームなど)も増えてきましたが、これらを落とすのに適したクレンジングは?という疑問を感じている方も多いです。

 

また、休日は化粧下地だけで過ごしているから洗顔だけで落としています。という方も少なくありませんよね。でも洗顔だけで落とせるタイプ以外でもこういったメイク落としの仕方をしていると肌に負担をかけてしまっているかもしれません。

 

洗顔料のみで落とせる化粧下地

最近ではクレンジング不要で洗顔で落とせるタイプもあり、休日のメイクとして人気が高いです。この場合には他のメイクを重ねていない時は洗顔料を使用してメイクを落とすのが基本です。

 

水だけで落とすのは皮脂汚れを落としきれずに肌に皮脂と一緒に化粧下地成分が残ってしまうため、避けましょう。

 

クレンジング不要の記載が無い化粧下地

クレンジング不要の記載が無い化粧下地は、皮脂を抑える成分や肌を紫外線から守る成分、そしてファンデーションとの密着度を高めるための油性成分が含まれていることが多いため、通常の洗顔だけでは落としきれない場合があります。

 

この場合は、化粧下地だけでもクレンジングを使用してメイクを落としましょう。

 

化粧下地を落とすためのクレンジング選び

化粧下地だけの薄化粧の場合は、洗浄力を重視するよりも肌に優しいタイプで落とすのもおすすめです。
カッチリメイクと同じ洗浄力を持ったクレンジング剤で落とすのではなく、ミルクタイプやクリームタイプなど、洗浄力は穏やかですが、落とした後の肌に潤いを残せるタイプの方が肌に負担が少ない場合があります。

 

ミルクタイプやクリームタイプを使っていてメイク落ちにムラがあると感じた場合には塗り方や重ね方などによる影響もあるので、その場合には通常のジェル・リキッド・オイルでメイク残りを防ぐことが基本ですね。

 

化粧下地にはシリコンなどの耐水性がある成分(汗に強い)含まれていることもあるので、洗顔だけで落とせるという記載が無い化粧下地はクレンジングで落とす方が落とし残りを防げます。使用している化粧下地をもう一度、チェックしてみてくださいね。

 

化粧下地を落とす時の注意点

洗顔だけで落とせる化粧下地

洗顔だけで落とせる専用クレンジング不要の化粧下地の場合は通常の洗顔と同様にしっかりと泡立てた状態で肌に馴染ませていきましょう。
急いでゴシゴシと落とそうとすると肌への負担となりますので、しっかりと汚れが馴染むように泡をたっぷりと作ってから肌に乗せていきましょう。

 

クレンジングが必要な化粧下地

油性の汚れを落とすためにオイルフリー以外のメイク落としは使用前に手のひらで温めてから肌になじませます。そして肌全体にクレンジング剤が馴染んだら、乳化をさせるために少しづつ顔に水を付けていきます。

 

乳化がされたら肌にメイク成分が残らないようにこすらずにすすぎをします。

 

ダブル洗顔が必要なクレンジングの場合はクレンジングによって肌から皮脂が落ちている可能性があるので、こすりすぎず、洗浄力が高すぎる石鹸よりも保湿成分などを含んだ洗い上がりの肌がつっぱりにくいタイプで優しく洗うのも良いですね。

 

ただ、洗顔フォームタイプは洗浄成分が肌に残りやすいので、保湿成分入りの洗顔石鹸や石鹸成分をペーストにしたタイプで落とすべき汚れを落としながら保湿成分と皮脂を補うこともポイントだと言えます。

 

ダブル洗顔不要のホットクレンジング「マナラホットクレンジングゲル」

 

page top