クレンジング 知識

| クレンジング知識Q&A

ドラッグストアで購入できるクレンジングは身近でお手頃な価格のプチプラコスメですよね。
プチプラながら、ちょっとしたブランドコスメのクレンジングよりも使い勝手もよく、しっかりと落とせるクレンジングが多く、幅広い年代の方が愛用しています。

 

中でも人気ブランドと言えば、DHC・ファンケル・ビオレ・カウブランド・ロゼット・ポンズ・ソフティモ・ビフェスタ・ちふれなどは皆さんもみかけたことがあるかと思います。

 

その中でおすすめのクレンジングをピックアップしましたので、参考にしてみてくださいね。

 

ドラッグストアのプチプラクレンジング

特徴
しっかりメイクでもこすらずに落とせるファンケルの大人気クレンジングです。

人気クチコミサイトのランキングでも1位を獲得するなど、プチプラクレンジングではダントツと言えるくらい安定の人気を誇っています。

マツエクにも使用可能なので、濃いアイメイクをしている人もマツエクへの負担を減らしてメイクが落とせます。

プチプラでオイルクレンジングをお探しならまずはファンケルをチェックすることをおすすめします。
価格 1,870
評価 評価5
備考 120ml オイルタイプ

特徴
繊細な肌の方にも使いやすいミルクタイプのクレンジングです。牛乳石鹸で知られる歴史のあるブランドが作った無添加クレンジングで、肌の保湿をサポートするセラミドを配合し、洗い上がりの肌を優しく補ってつっぱりを抑えてくれます。

ミルクタイプですので、ナチュラルなメイクの方向けとして使いやすいと思います。
ただし、濃いアイメイクなどポイントメイクは専用リムーバーを使用することをおすすめします。
価格 950
評価 評価5
備考 150ml ミルクタイプ

特徴
こちらも洗顔料の第一人者であるロゼットから登場したミルクタイプのクレンジングです。
プチプラ系のクレンジングは洗浄力が高いタイプは使い心地も悪くないものが多いですが、ミルクタイプのように穏やかな洗浄力ながら、メイクを落とすといったバランスのものは中々良いものに出会えないという方も多いです。

普段から肌の乾燥や肌荒れを感じているという方におすすめのミルククレンジングです。
価格 1,944
評価 評価5
備考 180ml ミルクタイプ

特徴
ポイントメイクをしっかりと素早く落とせるのがビフェスタのうる落ち水クレンジングアイメイクアップリムーバーです。
洗浄力が穏やかなクレンジングと合わせて使うことで、目元も他の箇所もトータル的に肌への負担を減らすことができます。

正しいクレンジングは基本的にアイメイクは専用のリムーバーを使用することを勧めています。
濃いアイメイクを落とせる洗浄力は他の箇所で使用すると、どうしても肌への負担がかかってしまうからですよね。

ビフェスタのうる落ち水クレンジングアイメイクアップリムーバーはそんなクレンジングの使い分けにぴったりで、お手頃な価格で2本使いをサポートしてくれます。
メイクのバリエーションが多い方は1本持っておきたいクレンジングではないでしょうか?
価格 991
評価 評価5
備考 145ml ポイントメイク用リムーバー

 

ドラッグストアのクレンジングは各ブランドが得意としているタイプを理解する

各ブランドそれぞれが、オイルやリキッド、クリームにミルク、拭き取り、ポイントメイクリーム―バーなどを取り扱ってますが、それぞれのブランドで評価されている商品がありますよね。

 

例えば、ファンケルの場合はマイルドクレンジングオイルはダントツの人気です。でもミルククレンジングだったらカウブランドは牛乳石鹸のイメージもありますが、人気が高かったりとお好みのタイプに合わせてみると選びやすくなります。

 

もちろん、オイルクレンジングでも各ブランド甲乙つけがたいものも沢山ありますが、傾向として判断材料になります。

| クレンジング知識Q&A

ごま油といえば褐色でこうばしい香が特徴の中華料理には欠かせないものを思い浮かべます。一般的に良く知られるごま油とは違い、無色透明で香もないのが太白胡麻油で、製造過程でゴマを炒らずに生のままで圧搾することでできるごま油のことです。

 

脂肪酸を豊富に含んだオイル

オレイン酸やリノール酸、活性酸素を取り除く働きのあるゴマリグナンなどの成分が豊富なため、美容オイルとして使用することで肌の新陳代謝を促し血行を良くしたり、肌の古い角質を優しく落としてくれる他、アンチエイジングにも役立つスキンケア効果が期待できると言われています。

 

使用する前に太白胡麻油を100度まで温めてから冷ますキュアリングをおこなうことで油の酸化を防ぎ、より太白胡麻油の良さ引き出すことができます。

 

太白胡麻油クレンジングの方法

そしてお勧めなのが太白胡麻油クレンジングです。

 

これは普段のお手入れでメイクを落とす時に使用するクレンジングの代わりに太白胡麻油を使用する方法です。

 

やり方を解説すると、まずは太白胡麻油クレンジングは普通のクレンジングオイルと同じように適量を顔に塗ってメイク汚れと馴染ませてから、ティッシュで抑えるようにして油と汚れを取り除いてから普段使用している洗顔料を使ってふつうに洗顔するというやり方です。

 

洗顔後に化粧水で保湿してから最後に再び太白胡麻油を少量塗っておけばつやつやで透明感のあるお肌をキープすることができます。

 

オリーブオイルやホホバオイルなどの自然オイルを使用してのクレンジングや洗顔は乾燥肌の方にもおすすめされるスキンケア方法ですよね。
太白胡麻油クレンジングも同じように栄養価が高く肌の保湿をサポートしながら、油性の汚れを落としメイクをオフすることができます。

 

高級美容オイル配合のクレンジングオイル

 

| クレンジング知識Q&A

急な外泊や家でメイク落としを切らしてしまった!という時には身近にあるモノを活用してクレンジングとして代用ましょう!

 

メイク落としの代用品おすすめ

メイクは油性の汚れですので、油分を含んでいるものは代用しやすいのでチェックしておきましょう。

 

おすすめは天然オイル・スキンケアオイル

通常のクレンジングと同じくらいメイクを落とせることもあり、普段のクレンジングから使っている人が多いのが、オリーブオイルやホホバオイル、スクワランなどの天然オイルやスキンケアオイルです。

 

これらは油分ですので、メイクにも良く馴染み、界面活性剤が含まれていないので、オイルクレンジングで感じるような乾燥がなく、保湿効果も期待できるので1本持っておくと便利です。

 

オイルをメイクに馴染ませたら洗顔料で顔を洗ってクレンジング終了です。余分なオイルをティッシュなどで拭き取ってからすすぐとオイルのヌルつきを減らせます。

 

注意点としては食用油(オリーブオイルなど)の場合は精製度が低いものは不純物が多いため、エクストラバージンオイルのものが好ましいです。

 

乳液・化粧水

乳液も油分を含んでいるため、ナチュラルメイクなどの場合は落とすことができます。乳液は外出中のメイク直しの時にも重宝するアイテムですのでおすすめです。
ただし、濃いアイメイクやウォータープルーフマスカラなどは落とすのが難しいです。

 

化粧水も同じく油分が含まれているタイプならベースメイクを落とすのに使用可能です。ただし乳液と比べると油分が少ないので、擦ってしまわないように注意しましょう。
NIVEAなどのスキンミルクはメイク落としの代用としては有名ですね。

 

保湿クリーム

乾燥対策の保湿クリームも油分が多く、アイメイクもじっくりと馴染ませると落とせる優れものです。
ワセリンやNIVEA、ヴァンセリンなどの身近な保湿クリームは肌にも優しいので、代用品として使った後の肌荒れを気にせずに済みます。

 

また、リップクリームも保湿クリームと同様の成分ですので、使用は可能ですが顔全体を落とすとなると少し大変ですね。

 

乳液や植物オイルなどは普段からメイク落としして使用している方は、実は多いですよね。
洗浄成分が含まれていないため、皮脂の落としすぎによる影響がすくなく、肌の保湿にも役立ちます。

 

ただし、濃いアイメイクやウォータープルーフ、もしくはシリコン入りのファンデーションなど、洗浄成分が無いと落としきれない場合がありメイク残りの原因になるので、今回ご紹介したものはあくまで代用品として覚えておくと良いですね。

 

普段使いにおすすめのメイク落としランキングをチェック

| クレンジング知識Q&A

素肌とファンデーションの密着度を高めて馴染みを良くする役割の化粧下地はメイクでは欠かせないですよね。
肌の凹凸や毛穴が気になる方、皮脂をしっかりと押さえたいという場合にも役立つベースメイクアイテムです。

 

最近では、化粧下地とファンデーションが一つになったタイプ(BBクリームなど)も増えてきましたが、これらを落とすのに適したクレンジングは?という疑問を感じている方も多いです。

 

また、休日は化粧下地だけで過ごしているから洗顔だけで落としています。という方も少なくありませんよね。でも洗顔だけで落とせるタイプ以外でもこういったメイク落としの仕方をしていると肌に負担をかけてしまっているかもしれません。

 

洗顔料のみで落とせる化粧下地

最近ではクレンジング不要で洗顔で落とせるタイプもあり、休日のメイクとして人気が高いです。この場合には他のメイクを重ねていない時は洗顔料を使用してメイクを落とすのが基本です。

 

水だけで落とすのは皮脂汚れを落としきれずに肌に皮脂と一緒に化粧下地成分が残ってしまうため、避けましょう。

 

クレンジング不要の記載が無い化粧下地

クレンジング不要の記載が無い化粧下地は、皮脂を抑える成分や肌を紫外線から守る成分、そしてファンデーションとの密着度を高めるための油性成分が含まれていることが多いため、通常の洗顔だけでは落としきれない場合があります。

 

この場合は、化粧下地だけでもクレンジングを使用してメイクを落としましょう。

 

化粧下地を落とすためのクレンジング選び

化粧下地だけの薄化粧の場合は、洗浄力を重視するよりも肌に優しいタイプで落とすのもおすすめです。
カッチリメイクと同じ洗浄力を持ったクレンジング剤で落とすのではなく、ミルクタイプやクリームタイプなど、洗浄力は穏やかですが、落とした後の肌に潤いを残せるタイプの方が肌に負担が少ない場合があります。

 

ミルクタイプやクリームタイプを使っていてメイク落ちにムラがあると感じた場合には塗り方や重ね方などによる影響もあるので、その場合には通常のジェル・リキッド・オイルでメイク残りを防ぐことが基本ですね。

 

化粧下地にはシリコンなどの耐水性がある成分(汗に強い)含まれていることもあるので、洗顔だけで落とせるという記載が無い化粧下地はクレンジングで落とす方が落とし残りを防げます。使用している化粧下地をもう一度、チェックしてみてくださいね。

 

化粧下地を落とす時の注意点

洗顔だけで落とせる化粧下地

洗顔だけで落とせる専用クレンジング不要の化粧下地の場合は通常の洗顔と同様にしっかりと泡立てた状態で肌に馴染ませていきましょう。
急いでゴシゴシと落とそうとすると肌への負担となりますので、しっかりと汚れが馴染むように泡をたっぷりと作ってから肌に乗せていきましょう。

 

クレンジングが必要な化粧下地

油性の汚れを落とすためにオイルフリー以外のメイク落としは使用前に手のひらで温めてから肌になじませます。そして肌全体にクレンジング剤が馴染んだら、乳化をさせるために少しづつ顔に水を付けていきます。

 

乳化がされたら肌にメイク成分が残らないようにこすらずにすすぎをします。

 

ダブル洗顔が必要なクレンジングの場合はクレンジングによって肌から皮脂が落ちている可能性があるので、こすりすぎず、洗浄力が高すぎる石鹸よりも保湿成分などを含んだ洗い上がりの肌がつっぱりにくいタイプで優しく洗うのも良いですね。

 

ただ、洗顔フォームタイプは洗浄成分が肌に残りやすいので、保湿成分入りの洗顔石鹸や石鹸成分をペーストにしたタイプで落とすべき汚れを落としながら保湿成分と皮脂を補うこともポイントだと言えます。

 

ダブル洗顔不要のホットクレンジング「マナラホットクレンジングゲル」

 

| クレンジング知識Q&A

年齢により目立ち始める目元のシワは見た目年齢を高く見せてしまう悩みでもあります。

 

目元のシワの原因は加齢による肌の老化や乾燥、表情シワなど様々です。
特に注意したいのが、乾燥です。

 

肌の乾燥は肌表面だけでなく、肌の内側の真皮層にまで影響し、柔軟性が失われ肌への摩擦などの負荷によって元に戻る力が衰えることでシワやたるみとなっていきます。

 

年齢によるシワやたるみなどは、みなさんエイジングケア化粧品によるスキンケアを重点的に行っている方が多いですが、その前の段階であるクレンジングでマイナスとなっている可能性があります。

 

摩擦を起こす洗浄力のクレンジングは避ける

目元のメイクをしっかりとされる方が肌に優しい洗浄力のクレンジングを使用した場合、どうしても落とすのに時間がかかってしまいます。
この場合にできる対処法としてはメイクを落としやすいタイプや化粧品に変える、もしくはこすらずに落とせるメイク落としを使ってこすらずに落とすことのどちらかから、始まります。

 

例えば、お湯で落とせるマスカラなどは洗浄力が穏やかで脱脂力も控えめなミルクタイプやクリームタイプなどを使うことができますよね。
ただし、濃いアイメイクなどは、ほとんどのメイク落としでポイントメイクリム―バーを使って落としましょうというアドバイスがあるように、ミルクやクリームのメイク落としでは落とすのに時間がかかったり、落としきれない場合があります。

 

落としきれなかったメイクを洗顔で落とそうとすると、さらに必要以上に擦ってしまうことになるため、クレンジング剤を先に選ぶのではなく、自分がどんなメイクをして濃さはどれくらいなのかを考えてから、そのメイクを落とせるメイク落としの中で肌に負担がかからないメイク落としを選ぶのが基本です。

 

クレンジング剤よりも正しい落とし方をおさらいしましょう

クレンジング剤を先に考えてしまいますが、どんな優しいと言われているメイク落としも使い方や方法が正しくないと良さを発揮できずにただただ、肌への負担となってしまいます。

 

目元のメイク落としの基本として

  • リキッドを染み込ませて拭き取る場合は目元に置くようにして待ち、馴染んでからズラすように優しく拭き取る
  • 直接手でメイクに馴染ませる場合は一度手のひらでクレンジング剤を温めて転相(水分と油分のバランスを変える)させてから乗せるとメイクとの馴染みが良くなります。アイライナーなどは綿棒にリキッドを染み込ませてゆっくりと目元を落とす
  • マスカラはコットンをまつ毛の下に置くようにして綿棒でコットンに色を移すように落としていく
  • すすぎの温度は熱くしないこと(30度弱くらいまで)

とにかく摩擦を抑えて優しく馴染ませていくことが大切です。そのため、洗浄力とメイクの濃さが合わないと、この工程に時間がかかってしまうため、洗浄成分の影響で落としすぎに繋がりやすくなります。

 

肌に優しいクレンジング、目元は優しいクレンジングでオイルタイプは避けましょうというのも、メイクを落とした後の肌が潤いを失ってしまったままになることが問題ではありますので、選択肢としては良いと思いますが、洗浄力が足りないクレンジングで長々と肌をマッサージするように何度もこすっていることを踏まえると、肌への影響は変わらない、もしくはひどくなる場合もあります。

 

そのため、落とすべき汚れを負担をかけずに素早く落とし、その上で肌に必要な水分と油分を与えて保湿を行うサイクルを作ることで目元の乾燥を防ぐことができます。ただし、一番注意したいのがオイルタイプやリキッド、拭き取りなどを使用して擦ってしまうというのが問題ですので、忙しいからササっと落とそうというのは目元のシワ対策のクレンジングでは避けたいポイントですね。

 

濃いアイメイクやウォータープルーフも炭酸のチカラで落とすメイク落とし

肌ナチュール

肌ナチュールは目元のシワ対策でオイルやリキッドなどの洗浄力の高いメイク落としはちょっと不安という方におすすめの炭酸のチカラで落とす美容液炭酸クレンジングです。

 

一般的な炭酸泉の3倍の高濃度炭酸の働きで、擦って落とす心配も、落としきれない不安もなく、浮かび上がらせて溶かすようにメイクと落とすことができる注目のクレンジングです。

 

さらに乾燥が気になる方に嬉しい全部で53種類の美容成分を配合し素肌にリセットさせながら美容パックをした後のように潤いを補ってくれます。

 

| クレンジング知識Q&A

年齢と共に浮かび上がってくる顔などのシミ、シミが一つあるだけで随分と老けてみられることもあり、何とかしたい方は多いですよね。
シミが出来てしまう原因には紫外線による影響や外部から刺激や摩擦によって蓄積されるメラニンが影響しています。

 

生まれつきシミがある場合にはセルフケアでの解消は難しいですが、年齢を重ねてからできるシミはセルフケアを丁寧に行うことで解消が期待できるケースもあります。

 

出来てしまったシミを何とかしたいという方はシミ対策のスキンケアを行っているかと思いますが、その中でクレンジングと洗顔も重要なポイントになりますので、正しいクレンジングと洗顔を知ってシミ解消や予防を目指しましょう。

 

シミの予防・解消のためのクレンジング方法とは?

クレンジングと洗顔が重要な理由として挙げられるのが、肌のメイクや汚れをしっかりと落としリセットしてその後に行うスキンケアの浸透をスムーズにすることや毛穴の汚れ、古い角質を落とし肌のターンオーバーをサポートすることが挙げられます。

 

汚れやメイクが残った肌はスキンケア化粧品の浸透にも悪影響

メイクをしっかりと落とせていない場合や古い角質が残った肌は固く、ゴワゴワとした質感にもなり、スキンケア化粧品の浸透にも悪影響があります。
クレンジングを選ぶ場合には、優しさも大切ですが、メイクの濃さに合わせて落とすべきメイクを落とせることが大切です。

 

オイルは乾燥する、ミルクは優しいというイメージだけでクレンジングを選ぶと、メイクを落とすのが中途半端になってしまう恐れがあります。

 

カッチリメイクの場合

リキッドファンデーションを使って濃いアイメイクをしている方はやはりしっかりと落とせるオイルやリキッドがおすすめです。
もしくはポイントメイク用のリムーバーと洗浄力が穏やかなクリームやジェル、バームなどの使い分けをして肌への負担を減らしながら落とすべきメイクはしっかりと落としましょう。

 

この場合にはしっかり落とした後の洗顔と保湿がポイントとなります。

 

ナチュラルメイクの場合

ミネラルファンデーションなど洗顔で落とせるタイプのメイクをしている方はミルクやクリームなどで落とせる範囲ですので、ポイントメイクに注意しながら、まずはしっかりとメイクを落としましょう。

 

摩擦や負荷をかける落とし方はメラニンの生成にも繋がる

クレンジングで注意しないといけないのが、洗顔と同様に擦らない、力を入れて落とさないことです。
肌への摩擦は必要な皮脂や保湿成分を落としてしまうことにも繋がりますし、刺激によって肌を守ろうとする働きでメラニンの生成に繋がってしまいます。

 

そのため、洗浄力が不足したクレンジングを使ってしまうと、必要以上に肌を擦ってしまうことに繋がることになります。

 

こういった場合には、クッション性の高いタイプのクレンジングがおすすめで、例えばジェルタイプなどは肌への摩擦を抑えながらメイクを落とすのに向いています。

 

メイクが肌に残ってしまうことによってスキンケア化粧品の浸透性を邪魔するだけでなく、肌の酸化による乾燥など様々な影響があります。
優しいクレンジングというキャッチフレーズは魅力的ですが、クレンジングはまずメイクを落とすことができることをポイントに自分のメイクの濃さと照らし合わせて選んで見てくださいね。

 

大人女性の為の美容オイルで出来たクレンジングオイル

 

| クレンジング知識Q&A

炭酸水は美肌作りのための美容法として用いられることが多いですよね。
分子が小さく、肌の毛穴に入り込んで汚れを落としてくれたり、汚れの吸着性を活かした洗浄力が期待できるなど、通常のお水で洗うのとは違う洗い上がりが好評です。

 

また、炭酸の美肌作用としては血行を促す働きがあり、新陳代謝の向上が期待できるというのが挙げられます。
他にも肌と同じ弱酸性ということで肌との相性も良いという点もポイントです。

 

ではそんな炭酸水ですが、メイクを落とす時のすすぎなどに使用しても効果は期待できるのか?気になる方もいるようです。

 

炭酸水はメイク落としの時に使っても効果的?

メイク落としの時に炭酸水を使用しても、特別高い効果が得られるということは少ないと言えます。
炭酸水での洗顔も一般的にはスッキリと洗えて気持ちが良いという声は多いですが、実際の炭酸水によって期待できる効果は特殊な方法でより持続性の高い炭酸を配合している場合に長く肌に留まることができるため、通常の炭酸水で行っても血行を向上させるほどの影響力が期待できない場合が多いと言われています。

 

炭酸洗顔を行う時にも炭酸を特殊な技術で配合した洗顔料を使用する方が、炭酸が持続しやすいですし、炭酸ですすぐよりも炭酸の良さを得やすいと言えます。

 

また、メイク落としの時に炭酸水を使用したい場合にも炭酸配合のクレンジングを使用する方がしっかりと泡やゲルに炭酸が溶けているため、炭酸水ですすぐよりも効果が期待できます。

 

ただ、洗顔料に炭酸水を使って泡立てると、水道水で泡立てるよりも泡立ちが良くなることが多いので、そういった使い方で取り入れるのは良いかもしれませんね。

セルフ炭酸水洗顔よりもおすすめの炭酸美容液クレンジング

炭酸クレンジング・炭酸洗顔にもおすすめの肌ナチュール

肌ナチュールに配合されている炭酸は一般的な炭酸泉よりも豊富な量の炭酸が含まれています。
そのため、手に取りだしてから肌に乗せて馴染ませる間もしっかりと炭酸が持続し、炭酸洗顔などで期待できるとされる肌の汚れを落とす働きが期待できます。

 

また、炭酸がしっかりと持続してくれることによって、ウォータープルーフマスカラもしっかりと落とすことができるため、濃いメイクにも対応しています。

 

肌ナチュールは炭酸パックとしても使える全部で53種類の美容成分を配合しており、肌に乗せておくだけで毛穴の汚れや古い角質を落としながら潤いを補い、クレンジングながら洗い上がりはしっとりとしています。

 

炭酸の働きで肌をケアしようと思うと、濃度が高い炭酸がしっかりと持続することが大切です。
炭酸成分ではなく、炭酸が主役の肌ナチュールで炭酸の良さを実感してみてください。

 

| クレンジング知識Q&A

コットンはスキンケアでは欠かせないアイテムの一つで、ほとんどの女性がお肌のお手入れの時に使用しているとても身近な存在です。

 

クレンジングでコットンを使用するケースとしては、

  • リキッドクレンジングを使用している時
  • クレンジングの時の拭き取り
  • ポイントメイクを落とす時

これらは一般的に多いシチュエーションだと思います。また、最近多いのが、すでにクレンジング剤が含まれている拭き取り用のクレンジングシートで、疲れてメイクを落とすのが面倒という時にもサッと落とせる便利なタイプも登場しています。

 

クレンジングシートは登場した時よりもバリエーションや品質も高くなってきて、肌への負担を考えた材質であったり、拭き取った後の乾燥を抑える保湿成分を配合するなど、便利ながらお肌への配慮もされるようになってきているので、使っている方は多いのではないでしょうか?

 

クレンジング時に感じるコットンに対する不満で多いのが、

  • すぐにヨレヨレになったり毛羽立ってしまう
  • 吸水性が弱く乾いてしまう
  • 拭き取った時に摩擦を感じる

というのが多いですよね。クレンジング時に使用するコットンを選ぶ時にはこれらの不満を感じさせにくいタイプを選ぶことがポイントになります。

 

オーガニックコットンで肌への負担を減らす

コットンの材質で人気なのが、オーガニック原料から作られたコットンです。お肌に余計な負担をかけたくない敏感肌の方や乾燥を感じやすい肌の方にも使いやすいです。原料がオーガニックなため、価格が通常よりも高いコットンもありますが、クレンジング時の肌への負担を減らしたい方にファンが多いです。

 

毛羽立たずに吸水性が高いタイプ

クレンジング剤を染み込ませて使うので、まずはしっかりと吸い込み、保ってくれることがコットン選びでは大切です。
おすすめはコットン1枚にどれだけシートが重なっているか?例えば、3枚、5枚など、1枚に多くの枚数が使用されていることで多くのクレンジング剤を吸いこむことででき、使っている間の乾燥や毛羽立ちを抑えることができます。

 

クレンジングでコットンを使用しているとどうしても、拭き取りをしている途中でクレンジング剤が不足してしまうことです。吸水性が低いとその分、コットンの枚数も増えてしまいますので、価格面で考えてもコスパが良くなる場合が多いです。

 

サイズにもこだわってみる

1枚のコットンのサイズは大体同じでしょ?という方も多いですが、メーカーによって様々です。
1枚あたりのサイズが大きければその分クレンジング剤を多く染み込ませることもでき、面積が広いため、広い範のメイクを落とせます。
ただし、サイズは大きめだけど、薄くて結局折りたたんで使っているという場合は、通常サイズで厚さがあるコットンの方が良い場合もあります。

 

コットンは毎日、沢山の枚数を使う消耗品ですので、基本的には価格と枚数で選ぶというのは問題はありませんが、コットンを使ってクレンジングをしていて、肌の乾燥が気になるという場合には、クレンジング剤と一緒にコットンも少しだけこだわってみるとメイクを落とした後の肌に違いを感じられるかもしれません。

 

| クレンジング知識Q&A

みなさん、洗顔ブラシは使ったことはありますか?洗顔の時に使うだけで肌の細かい凹凸や毛穴汚れを落とすのに役立つ洗顔アイテムの一つです。
良いものを使えば手で洗うよりも肌に負担をかけずに洗顔をすることができるため、愛用されている方は多いです。

 

そんな洗顔ブラシですが、ムラなくキレイに洗えるなら、メイク落としの時に使ったらキレイにクレンジングできるのでは?というように感じることもなくはありません。
こちらでは洗顔ブラシをメイク落としの時に使えるのか?という疑問について解説したいと思います。

 

洗顔ブラシの特徴と魅力

まず洗顔ブラシの特徴をご紹介したいと思います。洗顔ブラシはご存じのように先端に柔らかな素材で作られたブラシ部分を顔に当てて汚れを落としていく洗顔アイテムです。

 

通常は手で肌の汚れを落としていきますが、どうしても洗いムラができやすくなります。
洗顔ブラシはこの洗いムラを減らすことができるという点がまず魅力と言えます。

 

毛穴・古い角質の除去をサポート

洗顔ブラシは細かいブラシ部分が肌に残っている古い角質や細かい毛穴汚れを落とし、詰まりや古い角質と皮脂が混ざることで出来やすい毛穴の角栓の予防にも使えるアイテムです。

 

しっかりと泡立てを行った洗顔料の良さを活かしやすく圧力をかけずに肌表面の汚れを落としてくれます。

 

洗顔ブラシを使う時の注意点

品質のバラつきと掃除の面倒さ

ただし、洗顔ブラシはモノによって品質に差が出たり、ブラシ部分の劣化に違いがあり、最初は良くても歯ブラシと同じように劣化してしまうことがあります。
特にブラシ部分が毛筆のようなブラシタイプは使用していくにつれて毛が抜けたり汚れが残っていると、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうので、使い終わった後のケアは欠かせません。

 

過度な洗浄など誤った使い方は肌荒れを起こす原因

これは通常の洗顔でも言えますが、キレイにしようとしすぎることで、必要以上にこすってしまう、力を入れてしまう、長い時間マッサージをしてしまうということで起きる皮脂や肌の保湿成分の落としすぎによる乾燥や肌荒れは注意する必要があります。

 

洗顔ブラシは使い始めると気持ちが良いので、つい丁寧にしっかりとと思ってやりすぎてしまう傾向にあるので、注意しましょう。

 

洗顔ブラシはメイク落としに使用することはおすすめしません

厳密に言うと使えないことはありませんが、おすすめはしません。というのも、メイクを洗顔ブラシで落とす場合、メイクとの馴染みが良くないと必要以上に擦ってしまう場合があります。また、洗顔ブラシで落とすとどうしても手で馴染ませるよりもスピードが上がってしまい、肌に負担をかける場合があります。

 

洗顔ブラシのお手入れ不足を招きやすい

メイク汚れは思ったよりも頑固で、筆タイプの場合は毛の中にメイク汚れを吸いこんでしまい、目に見えない汚れが付着しさらに皮脂をエサとする雑菌が繁殖するなど、衛生面での不安が出てきます。

 

洗顔ブラシをクレンジングで使用される方はゼロではありませんが、洗顔ブラシの使用法にはメイクをしている時は先にクレンジングでメイクを落としてから洗顔料を使用した顔の洗浄に使うと注意書きされていることが多いです。

 

クレンジングで落としきれなかった微細な汚れを洗顔料を使って落とす時に落とし残りを防ぐために、ムラなく洗顔をするという使い方がお肌にとっては負担が少ないと言えます。

 

 

| クレンジング知識Q&A

 

どろ豆乳石鹸どろあわわは二つの天然クレイを配合し、毛穴や古い角質をしっかりと落としながら、肌の潤いを補う保湿成分を配合した人気の洗顔料です。
また、どろ豆乳石鹸どろあわわはしっかりと汚れを落とすことに長けている洗顔料でもあり、肌のくすみが気になっている方に愛用者が多いです。

 

どろ豆乳石鹸どろあわわの成分は?

まずはどろ豆乳石鹸どろあわわの成分についてまとめます。

 

天然クレイ成分

天然素材の吸着力を持った二つの天然クレイが配合されています。
一つは沖縄産のマリンシルトで、沖縄では古くから美容にも使える泥として親しまれてきました。髪の毛の16分の1以下の細かい微粒子が毛穴に入りこんで肌の細かい凹凸の汚れや余分な酸化した皮脂をしっかりと落としてくれます。

 

そしてもう一つが汚れをおとしながら、引き締めにも嬉しい国産ベントナイトです。
この成分には毛穴のケアに加えて、肌の引き締める役割を果たしており、きれいになった毛穴を引き締めてくれます。

 

保湿成分

どろあわわは汚れをしっかりと落とせる洗浄力が魅力ですが、それだけでなく、肌の潤いを補う保湿成分を配合し洗い上がりの肌のつっぱりを減らしてくれます。
一つ目は国産大豆を使用した豆乳発酵液、そして肌表面をしっかりと保湿と共に水分を保持してくれるコラーゲンとヒアルロン酸を配合することで、潤いを与えた肌から水分を逃がさずに乾燥を抑えてくれます。

 

どろ豆乳石鹸どろあわわにメイク落としとしての効果は期待できる?

どろあわわは汚れをしっかりと落としてくれる点に関しては高い評価を得ていますが、これだけしっかりと落とせるならクレンジングにも使えるのでは?という疑問を感じる方もいるようです。

 

どろあわわは成分を見てわかるように、汚れと皮脂を落とすための洗浄成分を配合した洗顔料です。
クレンジングと洗顔では落とす汚れの種類が違いますので、油性のメイクや濃いアイメイク、ウォータープルーフなどを落とすのには向きません。

 

そのため、どろあわわのどろ豆乳石鹸でメイクを全て落とそうとすると、肌に負担をかけてしまうだけでなく、メイクが肌に残ってしまう可能性があるので、おすすめはできないです。

 

どろあわわで落とせるメイクについて

ただ、全てのメイクが落とせないかというとそうではなく、ミネラルファンデーションなど洗顔料で落とせるファンデや日焼け止め、化粧下地、お湯でオフできるマスカラなどを落とすのには使えます。

 

どろあわワシリーズにはクレンジングが別に用意されている

ご存じの方もいるかと思いますが、どろあわわは石鹸以外にスキンケアラインを販売していて、クレンジングも用意されています。
このクレンジングはジェルタイプですが、石鹸と同様に天然クレイ成分に加えてガスールという吸着成分を配合し汚れを落としてくれます。

 

もちろん油性のメイクもジェルタイプのクッション性のあるテクスチャーがこすらずに落とせるため、肌への優しさにも配慮しています。
保湿成分も豆乳発酵液とサトザクラ花エキス、ユズ果実エキス、海洋ミネラル成分を配合し潤いを補って洗い上がりの肌の乾燥を抑えてくれます。

 

どろ豆乳石鹸は毎日の洗顔で使用し、メイク落としはどろあわわはのクレンジングや他のクレンジングで落とすという基本的な使い方をする方が肌トラブルを回避できます。

 

 

| クレンジング知識Q&A

クレンジングはメイクを落としながら、どうしても必要な皮脂や肌の保湿成分まで落としてしまう悩みがあります。
しっかりと落とそうとすると乾燥を感じやすく、穏やかな洗浄力を選べばメイクによってはメイクが肌に残ってしまうという不安があります。

 

美容液クレンジングとは、この悩みに対してしっかりとメイクを落としながらも肌の保湿をサポートする美容成分を全体の約90%近くまで配合して洗い上がりの肌の乾燥を抑えるために作られたクレンジングです。

 

肌の乾燥が気になるという方は注目ですね。それではおすすめの美容液クレンジングを3つご紹介したいと思います。

 

美容液クレンジングと呼ぶにふさわしいおすすめクレンジング

リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジングの特徴
美容成分が99.3%の濃厚美容液クレンジングです。肌への優しさにもしっかりとこだわり、美容皮膚科医からも評価されている肌に優しく毛穴までケアしてくれるクレンジングです。

また赤ちゃんの肌にも使えるくらい優しいこんにゃくスクラブを配合し、毛穴、角栓、古い角質を絡め取ります。
潤い成分、エイジングケア成分は全部で42種類と贅沢なクレンジングです。

弱酸性で7つの無添加と肌荒れを感じている方にも使いやすいです。
価格 2,848
評価 評価5
備考 ジェルクレンジング 150g 約2カ月分 今なら1本購入でさらに1本プレゼント
リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジングの総評
スーパーヒアルロン酸・コエンザイムQ10・天然ナノセラミド・高分子ヒアルロン酸・アミノ酸・低分子ヒアルロン酸・プロパンジオール・グリセリン・水溶性ビタミンC・油溶性ビタミンC・グリチルリチン酸・ベニバナエキス・イザヨイバラエキス・ビターオレンジ・スクワランなど
マナラホットクレンジングゲルの特徴
美容液成分91.4%のホットクレンジングゲルです。

洗浄成分としてカプセル化パパイン酵素を配合し、毛穴の角栓までケア、オリーブオイルやメドウファームオイルなど植物性オイルの働きで毛穴汚れを溶かしだすように絡め取ります。

7つの無添加で肌に余分な成分をカットしたおすすめのクレンジングで、毛穴、古い角質を乾燥を感じずにケアできます。
価格 4,104円⇒特別価格2,990
評価 評価5
備考 ジェルクレンジング 200g 約2カ月分
マナラホットクレンジングゲルの総評
セラミド・ヒアルロン酸・ハチミツ・グレープフルーツエキス・ローヤルゼリーエキス・スクワラン・ポリグルタミン酸・コラーゲンなど
skinvillホットクレンジングジェルの特徴
メイクと一緒に黒ずみ毛穴の汚れを贅沢な美容成分を配合した温感ゲルで落とすホットクレンジングです。

美容成分は全体の90.5%と洗いながら肌の潤いを補ってくれます。
7つの無添加で洗い上がりの肌はつっぱらない上にサッパリとしているので、皮脂が多めの20代の方にも使いやすいです。
価格 2,036
評価 評価5
備考 ジェルクレンジング 200g
skinvillホットクレンジングジェルの総評
ヤシ油脂肪酸PE・G-7グリセリン、ハチミツ、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、スクワラン、ヘマトコッカス・ブルピアリス油、ミツロウ、ダイズ油、セレプロシド、ローヤルゼリーエキス、ザクロエキス、オレンジ油、オウバクエキス、グレープフルーツエキス、プエラリアミリフィカ根エキス、カロットエキス、ビタミンA、シノコバラミン、ビタミンB12など

肌ナチュール リッチ・モイスト・クレンジングの特徴
炭酸泡でメイクを落とす炭酸美容液クレンジングです。
美容成分は合計53種類、国内の原料から厳選した成分を配合し、肌を育てるように潤いを補ってくれます。

炭酸作用で肌の細かい凹凸や毛穴に入り込み、溶かすようにメイクを落としていくので、洗浄力が豊ながら、こすらずに落とせると評判です。

ウォータープルーフも落とせるため、美容液クレンジングの中では洗浄力はトップクラスです。
炭酸美容に興味がある方にもおすすめで、クレンジングとしてだけでなく、炭酸洗顔、炭酸パックにも使えます。
価格 3,980円⇒初回モニター価格1,980
評価 評価5
備考 炭酸美容液クレンジング 約1か月分
肌ナチュール リッチ・モイスト・クレンジングの総評
コメ発酵液、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、セラミド1・3・6ll、コメヌカエキス、プラセンタエキス、クロレラエキス、オリゴペプチド-24、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、ハチミツ発酵液、温泉水、ヨーグルト液などを含む53種類
| クレンジング知識Q&A

ホットクレンジングは、クレンジング剤の中に温感作用が得られる成分を配合したクレンジングです。
現在は、ジェルタイプが主流となっていて、ほんのり温かいジェルは肌が柔らかくなり毛穴の汚れや古い角質を落としながら、メイクを落とせます。

 

最近ではこのホットクレンジングが肌にも優しいという評判が広がり注目を集めています。
こちらではホットクレンジングがお肌に優しいと言われている理由についてお伝えした上で、現在、人気が高いホットクレンジングをご紹介したいと思います。

 

ホットクレンジングの優しさのポイント

ジェルタイプで肌をこすらずにメイクが落とせる

ホットクレンジングの種類はジェルタイプに多く、ジェルタイプの良さでもある、クッション性が高く、滑らかに肌に馴染むため、擦らずにメイクが落とせるのが優しいポイントです。

 

温感作用で肌を柔軟にしてくれる

温感作用と言っても熱くなるというわけではありませんが、じんわりと肌表面を温めてくれます。
この温感作用は毛穴の汚れや皮脂も浮かび上がらせてくれるので、ジェルの汚れの吸着性と合わせて肌への負担を減らしながら落とすことができます。
そのため、現在、流通しているホットクレンジングのほとんどがジェルタイプでダブル洗顔不要のものが多いです。

 

クレンジング後の洗顔による洗いすぎは肌の乾燥を招きやすくなるので、乾燥を感じている方にとっては使いやすいです。

 

保湿成分がたっぷり配合されている

ホットクレンジングはジェルの形状を活かして、充実した保湿成分を配合しています。
そのため、メイクを落とした後は洗顔が不要で肌の乾燥を感じずに終えられるメリットがあります。

 

ホットクレンジングは洗浄力と水分と油分を補う成分配合のバランスが良く、その特徴を活かしたクレンジングと言えます。

 

おすすめのホットクレンジング3選

マナラホットクレンジングゲルの特徴
ホットクレンジングのおすすめNO1と言えるのがマナラのホットクレンジングゲルです。
メイクを落としながらも潤い実感度が高く、実際のお肌の潤いもマナラ調べで150%アップしたという結果がでるなど、乾燥知らずのクレンジングです。

また、豊富な美容成分によるメイクを落とす働きが特徴で、美容成分は全体の91.4%と美容液クレンジングとも評価されています。

温感ゲルが毛穴の黒ずみの原因角栓を除去するカプセル化パパイン酵素やハイドロキノン誘導体をカプセル化して配合しており、美白スキンケアにも役立つ1本です。
着色料・合成香料・鉱物油・石油系界面活性剤・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤無添加です。

洗い上がりはしっとりとした印象で、乾燥肌の方におすすめです。また、温感作用の実感度もご紹介している中ではマナラが高いという声が多いです。
価格 4,104円⇒特別価格2,990
評価 評価5
備考 ジェルクレンジング 200g 約2カ月分
skinvillホットクレンジングジェルの特徴
マナラホットクレンジングゲルの人気を追いかけるように登場したのがスキンビルのホットクレンジングジェルです。
こちらも同様に美容成分は全体の90%を占めており、温感作用で毛穴や角質を柔軟にして汚れを絡め取っていきます。

植物エキスから抽出した美容成分がメイクを落としながらもスキンケアをするように潤いを補い、洗い上がりの乾燥を抑えてくれます。

合成香料・タール系色素・鉱物油・紫外線吸収剤・シリコン・エタノール・パラベン無添加

人気はマナラの方が、現時点ではありますが、内容についてはほぼ同等と言える成分を配合しているため、価格で選ぶならスキンビルと言えます。
マナラと比べて少し柔らかめでサッパリとした洗い上がりに違いがあります。
価格 2,036
評価 評価5
備考 ジェルクレンジング 200g

ホットジェリーウォッシュの特徴
しょうがエキスによる温感作用に加えて、4種のプラセンタ、吸着型ヒアルロン酸、生コラーゲンを配合、美容成分は約92%となっています。

マナラとスキンビルには知名度はおよびませんが、合計27種類の美容成分を配合し、メイクを落としながらしっかりと潤いを補い、優しく洗いあげてくれます。

現在、定期コースがキャンペーン中で、初回価格が通常3,000円から1,500円に割引、さらに送料無料・ヘアバンドプレゼントの特典付きです。
2回目以降も10%OFFで購入できるお得なプランとなっています。
価格 3,000円⇒定期コース初回1,500
評価 評価5
備考 120g約1カ月分
| クレンジング知識Q&A

百貨店やデパートの1階に広がるコスメコーナーで販売されているいわゆるデパコスのメイク落としは身近なお店(ドラッグストアなど)で購入できるメイク落としには無いものも多いです。

 

ただ、口コミを見てみるとデパコスはちょっと敷居が高い、セールストークを聞くのが苦手という方も少なくありませんよね。
現在、プチプラ系のメイク落としを使用しているけれど、デパコスのメイク落としってそんなに良い?という疑問を持っている方も多いと思いますので、デパコスのメイク落としとプチプラ系のメイク落としの良い点、残念な点をご紹介しながら比較してみたいと思います。

 

デパコスのメイク落としとプチプラ系メイク落としの比較

デパコスのメイク落としの良い点

  • いわゆるブランドコスメの新商品をチェックできる
  • 美容部員さんによる自分の肌に合ったメイク落としをアドバイスしてもらえる
  • 品質の良いものをお試しで使用させてもらえる
  • 各ブランドのこだわりを知ることができる
  • デザインなどもこだわりがあるのでアイテムとして質が高い

デパコスの良い点は美容部員さんによる肌チェックや使用法のアドバイスを受けながら、正しい使い方を知ることができる点ですね。
また、価格的に高いコスメを実際に自分の肌でお試しでき、良さを知ることができる点もデパコスならではだと言えます。

 

また、その時々のお肌の調子に合わせてコスメを選べるというのも肌への負担を減らしていけるメリットがあります。

 

デパコスのメイク落としの残念な点

  • 価格が高い
  • 肌に合わないと価格に見合っていないと感じてしまう
  • 美容部員さんとのコミュニケーションが煩わしい時がある
  • 場所にもよるが、セールストークを聞かなければいけない
  • 敷居が高く感じてしまう

デパコスは人気やハイブランドコスメを取り扱っているため、価格設定は高めです。そのため、ちょっと試してみようという感じで購入するのは難しいですよね。
もちろん、美容部員さんはそのためにいるので、そのコスメがなぜこの価格でも損が無いかを商品の説明と共に丁寧に説明してくれます。
この説明に納得できれば良いですが、実際にはこのコミュニケーションが煩わしいと感じてしまう方も多いです。

 

また、スキンケアは肌との相性が一番ですので、合わない化粧品は高くても合わないということもあり、良さを感じられなかったということもあるので、高いからといって必ず良いとは言い切れない部分があります。

 

プチプラ系クレンジングの良い点

  • 価格がとにかく良心的
  • コスパが良い
  • 最近ではクオリティーが上がり価格以上に良さを感じられるものも増えている
  • 使い勝手が良いものが多い
  • 合わない場合でも次!というように行動しやすい

プチプラ系クレンジングの良い所は何と言っても、価格がお手頃なのに、使っていて満足度が高いと感じさせてくれることです。
人はお金を出したらその分の見返りを求めたくなります。デパコスに感じる不満でも多い、これだけ高いのに思ったほどじゃないという不満を感じさせないのがプチプラ系メイク落としの魅力です。

 

プチプラ系クレンジングの残念な点

  • 価格相応のクオリティーのもの多い
  • 選ぶ時は自分の判断による所がある
  • 使い心地を高めるための余計な成分が含まれている場合がある
  • 均一的な作りなため特化した効果が得られない場合がある

お手頃な価格な分、残念なクオリティーのものもゼロではありません。また、デパコスのように専門知識を持った人にアドバイスを受けられるわけではないので、自分の判断が重要になってきます。

 

また、プチプラ系のコスメ全般に言えることですが、幅広い方に使ってもらうことを考えて作られているものが多く、この悩みに合わせたつもりでも、イマイチ良さを感じることができないケースもあります。

 

デパコスのメイク落としとプチプラ系メイク落としの比較まとめ

デパコスを愛用されている方の口コミでは、例えばファンデーションの粒子がとても細かく、プチプラ系には無い密着度のファンデが見つかったという声や自分の肌の状態を見た目だけでなく、機械でチェックしたりもできるので、選ぶ時に参考になるという声もあり、品質面の違いを感じている方が多いです。

 

逆にメイクアップ用品ではなく、スキンケア用品の場合はプチプラ系でも良いのでは?というデパコス愛用者の方も居ます。

 

これは肌質によって感じ方が違うというのに尽きると思いますが、たとえ少し劣っていたとしてもその違いを感じにくいなら価格がお手頃な方が良いという感情があるからだと言えますね。

 

ただ、デパコス愛用者の方の多くが最初はちょっと敷居が高いような気がしたけど、慣れると良い相談相手にもなってくれるし、その相談とメイク選びをサポートしてくれるので便利という方も多いです。

 

どちらも良い点とちょっと残念な点はありますが、どちらか一方だけを知るよりも、両方を試してみて良さを比較してみるのが一番ですね。
試すだけで買わなくても全然大丈夫なので、デパコス未経験の方は一度お試ししてみてはいかがでしょう?

 

デパコスに負けない口コミで人気のメイク落としランキングをチェック

| クレンジング知識Q&A

手作りスクラブは毛穴や古い角質を落とすのに役立つとして低コストでできる美容法の一つです。

 

塩を使った手作りスクラブはボディケアとしても役立ち、痩身マッサージなどとしても用いられていますね。
他にもハチミツに砂糖を混ぜたり、ココナッツオイルと砂糖、レモンを混ぜるなど様々なアレンジが登場しています。

 

顔に使用する際の手作りスクラブは塩よりも刺激が少ない砂糖を使った手作りスクラブが人気です。

 

クレンジングに手作りスクラブを混ぜた時の美肌効果

クレンジングと混ぜる場合には砂糖を少量、クレンジングクリームに混ぜてスクラブの変わりにします。
クレンジングによる洗浄と肌の凹凸や毛穴の汚れを落とす砂糖のスクラブの働きで、普段落とせていない古い角質をケアすることができるので、週に1〜2回の角質ケアとしておすすめです。

 

くすみが気になる方から好評

古い角質や毛穴の黒ずみなどは顔の印象を暗く感じさせるくすみにも影響します。
そのため、手作りスクラブを含んだクレンジングクリームでのケアは肌を明るい表情に戻すためのケアとして利用している方が多いですね。

 

手作りスクラブ入りクレンジングを使用する時の注意点

メイク落としと一緒に行わない

クレンジングクリームによるメイクを落とす効果は期待できますが、メイクを落とすのとマッサージを一緒に行うのは逆に肌にメイク汚れを押しこんでしまう可能性があります。

 

毛穴汚れをしっかりと落とそうとしすぎて何度もこすると肌の乾燥を招いてしまう場合もあるので、メイクを落とした後に行うケアとして理解しておくと良さを感じやすくなります。

 

スクラブには粒子が小さいものを選ぶ

砂糖や塩を使用する時は、できるだけ粒子が小さいものを選びましょう。
粒子のサイズが大きいと、肌を傷つけてしまう場合があります。摩擦による影響は必要な皮脂や肌の保湿成分まで落としてしまうことに繋がるので、砂糖の場合にはざらめ糖や中白糖ではなく、上白糖のように細かい粒の砂糖を使うと肌への刺激を減らせます。

 

スクラブを混ぜるのはクッション性が高いテクスチャーを選ぶ

こちらもポイント2と同じく、スクラブの役割を果たす塩や砂糖によって肌を傷つけてしまうのを避けるためです。
クレンジングクリームは柔らかく肌への刺激に配慮した柔らかいテクスチャーですので、選ばれることが多いです。

 

植物オイルなどを使用する時には、クリームよりもサラサラとしている場合があります。この時には粒子が細かいのを選ぶか、入れる量を減らして肌への刺激に注意しましょう。

 

手作りスクラブはクレンジングとしてではなく、肌ケアの美容法として取り入れた方が肌にも負担が少ないです。
紅茶やラベンダー、シナモンなどを使ったスクラブも登場するなど使っている時に心地よくしてくれるスクラブもあるので、週に1度のスペシャルケアとしてお試ししてみてはいかがでしょう?

 

酵素成分で毛穴の角栓をケア「マナラホットクレンジングゲル」

 

| クレンジング知識Q&A

お手頃な価格ながら、使い勝手がよく、メイク落ちの評判が良いプチプラ系コスメが増えてきましたね。
メイク落としの分野でもプチプラ系クレンジングは人気が高いです。

 

クレンジングには種類が沢山ありますが、選ぶ時の基本は肌質とメイクの濃さ、ポイントに分けて落とすことがクレンジング剤の効果を高め、良さを感じやすくなります。
こちらではプチプラ系クレンジングの効果を高める使い方と、逆に効果を損ねる使い方、注意点をご紹介します。

 

プチプラ系クレンジング良さを活かした使い方

濡れた手OKかどうかを確認

プチプラ系クレンジングは使い勝手の良さを重視しているものが多く、洗顔と一緒に行えるクレンジングが主流です。
たとえばソフィーナのクレンジングはドラッグストアなどでも多く見かけますよね。

 

このタイプは濡れた手でも使えますという場合が多いですが、中にはそうでは無い乾いた手で使用するタイプもあります。
乾いた手での使用を勧めているタイプは濡れた手で使ってしまうと乳化が発生してしまい、洗浄力が下がるだけでなく、メイクとの馴染みも悪くなるので注意しましょう。

 

ポイントメイクも落とせるタイプを避けてみる

プチプラ系クレンジングは一つでポイントメイクからベースメイクまで落とせるタイプも多いですが、そのせいでお肌の乾燥を感じてしまう場合があります。
プチプラ系クレンジングの中にはリキッドやミルク、クリームなど幅広く種類もありますので、使い分けでもちょっとお高いクレンジングを1本買うよりもお得な場合もあります。
そのため、ポイントメイク用のリキッドクレンジングとベースメイク用のミルクやクリームを使い分けることで、それぞれの良さで肌への負担を減らしながらメイクが落とせます。

洗顔不要で乾燥対策

プチプラ系クレンジングの中には洗顔不要で拭き取るだけでOKのクレンジングもあります。
これらは洗浄成分に加えて、保湿成分を配合しており、すすぎ不要でも肌の乾燥を感じにくい作りになっているため、忙しい時や乾燥が気になる時などはこちらを使うというのもおすすめです。

 

プチプラ系クレンジングを使う時の注意点

便利だからこそ使うときは丁寧に

プチプラ系クレンジングに限らない話でもありますが、洗顔と一緒にメイクを落とすタイプはこすってしまいやすいです。
疲れて帰ってきた時などは急いでメイクを落としたいこともあり、ゴシゴシと洗ってしまい、乾燥を招いてしまう場合があります。

 

1本でポイントメイクまで落とせるプチプラ系クレンジングはそれなりの洗浄力があります。この洗浄力で肌を擦ってしまうのは肌にも負担となるので注意しましょう。

 

肌に負担となる成分のチェック

最近のプチプラ系クレンジングは成分自体も肌に負担をかけないように配慮されているタイプも増えてきましたが、それでもまだ、コストを抑えるための合成成分で代用している場合や合成界面活性剤の洗浄力が強いタイプもあります。

 

これら添加物はすべてが悪ではありませんが、お肌が敏感な方は肌に影響がある可能性の成分が配合されていないかチェックしましょう。

 

大人気のプチプラクレンジング「ファンケル」の洗顔とクレンジングをお試し

 

| クレンジング知識Q&A

掃除アイテムとして有名な重曹スクラブですが、最近では食用の重曹などを応用して、洗顔に混ぜてスクラブのようにして洗う重曹洗顔が特集されるようになってきました。

 

重曹は強いアルカリ性のため、洗浄力が高いことが知られており、洗顔料に混ぜるだけで、毛穴の汚れや古い角質を落とすケアにも役立つと言われています。
いわゆるピーリング的作用が期待できることから、週に1度くらいの角質ケアやヒジやひざの黒ずみ落としとして取り入れている方も多いです。

 

また、セルフで作る重曹スクラブではなく、この働きを利用した重曹スクラブ洗顔料も登場しています。

 

重曹洗顔と言えばコレ!重曹スクラブ洗顔パウダー

重曹洗顔の中ではコレと言われているのが、毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔パウダーです。重曹成分に加えてアミノ酸系洗浄成分を配合し、肌への負担を減らしながら、毛穴や古い角質をケアできるとして注目されています。

 

他にもスクラブ系洗顔はありますが、重曹をアピールしている洗顔料では毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔パウダーが有名ですね。

 

洗浄力が高い重曹スクラブ洗顔パウダーでメイクは落とせる?

アルカリ性で洗浄力が高い重曹による洗顔は汚れを落とす働きが期待できますが、メイクを落とすのには適しているのでしょうか?

 

クレンジング不要のメイクは落とせるもののおすすめはできない

重曹洗顔は油性の汚れを落とす働きも期待できるので、例えばクレンジング不要のメイクなどは通常の洗顔料と同じく落とすことは可能ですが、ウォータープルーフなどのポイントメイクまで落とそうとするのはお肌に負担がかかる可能性があります。

 

また、重曹洗顔はピーリング作用に似た角質を落とす働きが期待できるため、これでメイクを落とそうとすると肌に刺激となる場合があります。

 

やはりメイクはメイクを落とす役割のクレンジングで落とし、洗顔で落とすべき汚れは洗顔料でと分けて考える方が、肌トラブルを防ぐ意味でも良いと思います。

 

毛穴撫子シリーズには重曹スクラブ洗顔パウダーではなく重曹クレンジングもラインナップにあります。
この場合にはメイクを落とすことを前提に作られているので、メイク落としとして使用することは可能ですね。

 

注意したい点としては落としすぎによる肌の乾燥を招かないように、クレンジング時の落とし方に少し気を配り、肌への摩擦を減らして使用することをおすすめします。
また、メイクの濃さやポイントメイクをしっかりとしている方は、専用のリムーバーを使用して、肌への負担を減らしたクレンジングを行いましょう。

 

毛穴・角質ケアに嬉しい酵素成分配合の「マナラホットクレンジングゲル」

 

| クレンジング知識Q&A

毛穴やくすみ感までしっかりとカバーしてくれる年齢肌のお悩みの味方的な存在のリキッドファンデーションは、肌の悩みが増え始める年代の方に愛用者が多いですよね。

 

また、しっかりとメイクをしたい時、崩れさせたくない時にも便利ですが、その分、メイクを落とす時にはどんなタイプのクレンジングを使うべきか悩む方も多いのではないでしょうか?

 

リキッドファンデーションはしっかりと落とせることで選ぶのがおすすめ

クレンジング選びでは肌に優しく、必要な皮脂や肌の保湿成分まで落とさないように気を使いますが、それでもメイクの濃さによっては優しいクレンジング剤はメイクが落としきれずに肌に残ってしまう可能性があります。

 

例えば、ミルクやクリームタイプはクレンジングの種類の中では比較的穏やかな洗浄力で優しいと言われていますが、日焼け止めや化粧下地、リキッドファンデーション、フェイスパウダーを重ねている場合には落とすのに時間がかかってしまったりと少し洗浄力に不安があります。(使い方によって変わります)

 

オイル・リキッドなどの洗浄力が高いタイプをチェック

一般的にオイルやリキッドでメイクを落としていると肌の乾燥が気になるという方もいますが、種類や落とし方次第では肌への負担を減らしながら、落とすべきメイクや汚れをオフすることができます。

 

また、クレンジングはあまり時間をかけて行うよりも落とすまでの時間は必要以上にかけるべきではないので、オイルやリキッドなどでまずしっかりとメイクを落とし、洗顔後の肌をしっかりと保湿するケアを行う方が、結果的に肌に汚れが残らずに済む場合があります。

 

ミルクやクリームタイプで落とせているか不安になり、洗顔で念入りに洗っているという場合にはオイルやリキッドもチェックしてみると良いですね。

 

できるだけ肌の乾燥を抑えながらメイクを落としたい時はジェルタイプもおすすめ

オイルやリキッドタイプの洗浄力が高いのはわかるけど、やっぱりちょっと使うのが心配という方は、洗浄力と潤いをキープするバランスが取れているジェルタイプもおすすめです。

 

ジェルタイプは油分も含まれているため、油性のメイクとの馴染みがよく、テクスチャー自体に粘度があり、クッション性も高いため、肌をこすらずに滑らせるように馴染ませられます。

 

肌の乾燥が気になる方の場合、クレンジング後の洗顔で乾燥を進めてしまっている場合があるので、ジェルタイプに多いダブル洗顔不要のクレンジングをお試ししてみるのも良いですね。

 

ジェルタイプには油性タイプとオイルフリーの水性タイプがあります。カッチリとリキッドファンデーションなどでメイクをしている場合には油性タイプの方が洗浄力が高いので、選ぶ時にはチェックしてみてくださいね。

 

クレンジングの役割はメイクを落とすことですので、普段、カッチリとメイクをしている方は肌質を考慮しながらも、メイクが落とせることを前提にクレンジングを選ぶことが大切です。

 

オイルなのにつっぱらないオイルクレンジング

 

 

ジェルタイプでダブル洗顔不要のホットクレンジング

 

| クレンジング知識Q&A

肌の調子が良くない時や元々肌が繊細な方にも使いやすいミネラル成分でできたミネラルファンデーションは肌に優しいだけでなく、ミネラル成分によって紫外線からも肌を守ってくれるなど、敏感肌の方にとって便利なメイクアイテムです。

 

でもミネラルファンデだからクレンジングも楽で良い!という考えは使用しているファンデーションの種類によってはクレンジング不足で肌に負担をかけているかもしれません、。

クレンジング不要のミネラルファンデーションの特徴

ミネラルファンデーションと言っても最近では沢山の種類があります。基本的にはクレンジング不要(専用クレンジングではなく洗顔で落とせるタイプ)のものが多いですが、中にはミネラル成分配合のファンデーションをミネラルファンデーションとして販売しているケースがあります。

 

この場合はミネラル成分以外に油分などのファンデーション成分も多く含まれている可能性があり、この場合にはクレンジングが必要だと言えます。

 

逆にクレンジングが不要なミネラルファンデーションはミネラル成分オンリーのものは専用のクレンジング剤を使わずに洗顔料で落とすことができます。

 

日焼け止めや化粧下地を使用している時はクレンジングが必要

ミネラルファンデーションを使用している方はスキンケア後に塗るという場合が多いですが、紫外線対策として日焼け止めや日焼け止め機能付き化粧下地を塗っている場合はクレンジングが必要ですね。もしくは日焼け止めの場合にも専用クレンジングが必要かどうかが明記されているかをチェックすることをおすすめします。

 

ポイントメイクはクレンジングが必要

当然のお話かもしれませんが、ベースメイクにミネラルファンデーションを使用していてもアイメイクなどをしている場合にはクレンジングをする必要があります。
その場合にはポイントメイク専用のリムーバーを使用するなどしてこすらずに落とすようにしましょう。

 

ミネラルファンデーションが洗顔だけで落ちない時は?

専用クレンジング不要で落とせるということが記載されていても使用している洗顔料との相性で落ちにくい場合があります。
ミネラルファンデーションと相性の良い洗顔は純石鹸などの天然の界面活性剤で落とせるシンプルな洗顔料がおすすめされています。

 

せっかくクレンジング不要で肌に負担をかけたくないという理由でミネラルファンデーションを使用しているわけですから、落とす時の洗顔料も意識することでメイクの落とし不足や肌に残ってしまうのを防ぐことができます。

 

洗顔で落とせるメイクで肌の負担を減らしたい方

最近、ベースメイクなどでも洗顔だけで落とせるアイテムが増えてきました。
それらは通常の使い方をしている場合には洗顔だけで落とすことができますが、ベースメイクを重ねる場合には、どうしても洗顔だけで落としきれない場合があります。

 

もし落としきれないと感じる場合には通常のクレンジングを使うのも良いですが、例えばオリーブオイルやベビーオイルなどでのクレンジングは洗浄成分(界面活性剤不使用)が含まれていないため、肌にも負担が少なくメイクが落とすことができ、さらにオリーブオイルなどは肌の保湿にも役立つので、乾燥がちでミネラルファンデーションなどを使用している方で落としきれない気がしているという場合に使いやすいです。

 

薄化粧・アイメイクのクレンジング

普段から薄化粧で済ませている方も肌への余計な負担を減らす場合にはクレンジング不要なベースメイクやアイメイクがおすすめです。
マスカラなどもお湯で落とせるタイプも増えてきましたし、ミネラルファンデーションのようにクレンジングでは無く、洗顔で落とせるタイプも選択肢に入れてみると肌への負担を減らすことができますね。

 

また、ポリマー成分やウォータープルーフなどのツヤや皮脂を抑える機能がある化粧下地などはクレンジングが必要です。

 

クレンジングの種類の中ではミルク、クリームタイプのクレンジングが比較的穏やかな洗浄力で肌の必要な皮脂や保湿成分を落としすぎずにメイクを落とせます。

 

クレンジングを使用する場合には肌質やメイクの濃さに合わせてクレンジングを選ぶことで、落としきれない、もしくは落としすぎを防ぐことができます。

 

リップグロスで唇が荒れてしまう人のメイク落とし

口紅、リップグロスなど、口元のポイントメイクも様々です。
口紅やリップグロスは付けてから食事などをしたりすることで、落ちてしまうので、メイクを落とす時には落ちていたりすることもありますよね。
そんな場合は洗顔でも落とせることもありますが、クレンジングで落としている方も多いです。

 

ただ、唇は乾燥しやすい箇所でもあり、荒れてしまいやすいですよね。ベースメイクなどを落とすクレンジング剤で落とすには少し繊細な場所でもあります。
唇の乾燥が気になるけど、メイクは落としたいという時には、やはりの唇のメイク専用のリムーバーを取り入れるのが安心です。

 

メイクを落としながら美容パック効果の炭酸クレンジング「肌ナチュール」

 

page top