ガーゼ洗顔とは?普通に洗うよりも気持ちが良い?やり方をチェック

ガーゼ洗顔は、洗顔後の肌につっぱりを感じる方にも優しい洗い上がりが特徴のガーゼやハンカチを使った洗顔方法です。
汚れを落としながら古い角質を落とすのにも役立ち、ニキビ肌にも負担が少なくおすすめされています。

 

ガーゼ洗顔のやり方は?

ガーゼ洗顔はガーゼに洗顔料を染み込ませ、泡立てて顔を拭くように汚れを落としていく洗顔方法です。

  1. 生地が柔らかいガーゼを用意する(赤ちゃん用が肌に優しくおすすめ)
  2. ガーゼに洗顔料を染み込ませ泡立てる
  3. ガーゼで顔を優しくなでるように拭いていく
  4. 全体を拭いたらすすぎを行う(水の温度はぬるま湯で)

ご覧のようにやり方はいたってシンプルですね。注意したい点としては、通常の洗顔と同じくしっかりと泡立ててガーゼの摩擦で肌を擦らないように注意することです。
また、すすぎの水の温度はぬるま湯で洗い流すことで皮脂の落としすぎを防ぐことができます。冷水でのすすぎがお好みの方は、ぬるま湯で泡を落として仕上げに冷水ですすぐようにするのがおすすめです。

 

ガーゼ洗顔で期待できるスキンケア効果は?

キメ細かい柔らかな泡で洗える優しい洗顔

洗顔時の泡立て不足を減らすことができ、泡立てネットよりも柔らかなでキメが細かい泡が作りやすいです。
そのため、肌が繊細な方や肌荒れを起こしている方にも柔らかな泡で洗えるので、負担も少ないという声が多いです。

 

肌表面の古い角質を落とす

ガーゼでの拭き取りは肌の古い角質を優しく落とすのに役立ちます。つい強く擦ってしまいやすい洗顔でも丁寧に細かな所まで拭き取ることができます。
肌のザラつきが気になる方にもおすすめの洗顔方法ですね。

 

ニキビ肌の方にも使いやすい

ニキビ肌の方の場合、余分な皮脂は落とす必要がありますが、落としすぎは乾燥を招き、皮脂の過剰分泌に繋がりやすくなります。
ガーゼ洗顔は余分な皮脂を優しく拭き取ることができるので、週に1〜2度くらいの肌のケアとして取り入れている方が多いですね。

 

乾燥肌にもおすすめ

ニキビ肌と同様に洗いすぎによる皮脂や肌の保湿成分の落としすぎを防ぐのに優しく洗えるガーゼ洗顔はおすすめです。
肌の乾燥が気になるという時などに、ガーゼ洗顔を行うことで、優しく汚れを落として洗い上がりの肌の乾燥を防ぐのに役立ちます。

 

ガーゼ洗顔は洗顔料に保湿に役立つ成分をプラスして行うアレンジも可能です。
例えば、ハチミツやオリーブオイルといった洗顔方法としても知られる材料を加えるだけで、洗い上がりの乾燥を防いでくれます。
ただし、やり方によっては摩擦による刺激がある場合があるので、週に1〜2回くらいでお肌の調子を見ながら普段の洗顔と織り交ぜて行うのが肌にも優しくておすすめしやすいです。

 

 

洗浄成分ゼロで優しく洗えるから毎日使える拭き取り洗顔

 

マナラモイストウォッシュゲル

関連ページ

洗顔おすすめランキング
メイクを落とした後や朝の忙しい時間にも使いやすいおすすめの洗顔料をランキングでご紹介しています。また合わせて肌に負担をかけない洗顔の基本も掲載しています。
正しい洗顔方法
正しい洗顔は美肌を目指すなら避けては通れません!毎日行うからこそ、正しい方法を継続することで周りとの差を生むことができます。正しい洗顔と間違った洗顔をチェックしましょう。
石鹸の種類・形状による違い
石鹸といっても種類は形状によって様々です。一般的に流通している石鹸の種類について解説しています。
はちみつ洗顔とは?やり方と行う際に注意したいこと
肌の乾燥ケアにもおすすめのはちみつ洗顔のやり方と行う際に注意したい点について解説しています。
ドットウォッシーの洗顔石鹸が毛穴対策アイテムとして話題
プチプラ洗顔料の人気アイテムでもあり、毛穴のお悩みやいちご鼻対策にも効果が期待できることから口コミでも話題のドットウォッシーの洗顔石鹸の特徴をご紹介します。