オイルフリークレンジングはどんな肌質やメイクに向いているのか?

オイルフリークレンジング

オイルフリータイプのクレンジングは、その名にあるようにオイルを含まないクレンジングのことを言います。
べたつき感なくさっぱりとした洗い上がりが特徴で、現在では多くのオイルフリークレンジングが登場しています。

 

メイクを落とした後の肌も穏やかな潤いを感じられることから、ファンの方も多いです。

 

また、メイク落ちに関しても評判も良く、お肌を優しくリセットしてくれるということで、愛用されている方も多いですね。

 

オイルフリークレンジングが向いている肌質は?

オイルフリークレンジング|肌質

オイルフリークレンジングは油分を含まないことでサッパリとした洗い上がりが特徴です。

 

基本的にはオイルフリーはどの肌質でも使いやすいと言われていますが、べたつきや油分の量が気になる、オイリーな肌やニキビができやすい方に向いていると言われています。

 

ただ、オイルフリークレンジングのリキッド・ローションタイプはコットンに付けてメイクを落としていくタイプが基本ですので、コットンによるニキビへの刺激には注意が必要です。

 

オイルフリークレンジングはリキッド・ローションタイプ以外の種類も人気

シートタイプやローションタイプ以外にもジェルやミルク、クリームなど種類も増えてきていますので、お好みの形状を見つけやすい点も人気の理由です。

 

オイルフリークレンジングが活躍してくれるメイクは?

オイルフリークレンジングの大きな特徴とも言えるのが、マツエクに使用しても負担がかかりづらいという点で使用している方が多いのではないでしょうか?
マツエクは根元部分のグルー(接着剤)によって付けられています。このグルーは油分に馴染みやすい親油性があり、オイルクレンジングはもちろん、油分を多く含む、クリームやジェルタイプでも避けるように勧められます。

 

その点、オイルフリークレンジングは油分を含んでいませんので、コットンに馴染ませてふき取るだけで、アイメイクを落とすことができます。
最近ではマツエクOK、オイルフリーのメイク落としも市販で増えてきていますので、マツエクをしている方はマツエクの寿命やデザインを崩さないように取り入れることが基本ですね。

 

メイクの量でオイルフリークレンジングの種類を変えるのもおすすめ

  • ナチュラルメイクな方はジェルやミルクタイプのオイルフリークレンジング
  • カッチリメイクでアイメイクもする方はリキッドタイプのオイルフリークレンジング
  • 忙しくて帰ってすぐサッと落としたい方はシートタイプのオイルフリークレンジング

自分のメイクに合わすことはもちろん、日々のシチュエーションに合わせることで、より肌への負担を減らすことができますね。

 

マツエクを付けたアイメイクの落とし方のポイント

オイルフリークレンジング|マツエクメイク落とし

  1. コットンにオイルフリーのクレンジングを含ませ、優しく当てるように馴染ませます。
  2. 目の周りを落とした後に目元を落とす
  3. 目元は綿棒にクレンジングを含ませ、ゆっくりと落としていきます。
  4. 洗顔をする場合にも擦らないように注意しましょう。

 

マツエクを長持ちさせるポイントとしておすすめされているのが、洗顔後にエクステの根元を冷風で乾かすことで、長持ちしやすくなります。

 

ウォータープルーフもスルスル落ちる話題の炭酸クレンジング!

 

肌ナチュールモイストクレンジング公式サイト