ミルクタイプのメイク落としの特徴

ミルクタイプのメイク落としは、クレンジングタイプの中で肌への負担が少ないのが特徴です。
肌の乾燥や敏感な肌、肌荒れが気になる方のメイク落としにおすすめされています。

 

ナチュラルメイクの方におすすめ

ミルクタイプのメイク落としは普段、あまり濃いメイクやアイメイクをしないという方におすすめで、肌への負担の少なさから、洗い上がりの乾燥が少ないというメリットがあります。

 

肌荒れ・乾燥がひどい場合のメイク落とし

現在進行形で肌荒れや乾燥がひどいという方にもおすすめで、一緒にメイクを薄くすることで、クレンジング時間を短くして、肌へのダメージを減らせます。

 

ミルクタイプのメイク落としで注意したいこと

ミルクタイプのメイク落としは基本的に、ナチュラルメイクのファンデーション、軽いアイメイクを落とすのにおすすめされていますが、濃いメイク、マスカラなどのポイントメイクになると落としきれない場合があります。

 

ミルクタイプで全てをカバーすると負担が増える場合がある

濃いメイク、カッチリメイクの方が肌への負担を減らしたいという目的で、ミルクタイプを使用すると、落とすのに時間がかかってしまう場合やこすってしまうことになり、結果的に肌への負担が増えてしまう場合がありますので、ミルクタイプのメイク落としを使用する場合にはポイントメイクリムーバーなどでアイメイク、口元のメイクを落としてからベースメイクを落とすという使い分けが必要です。

 

クレンジングミルクの基本的な使い方

  1. 乾いた手に適量とる(少ないと肌への摩擦がおきやすい)
  2. ポイントメイクリムーバーを使用する
  3. 肌に乗せる前に手で温める
  4. 額・鼻・頬・あごを先に馴染ませる
  5. 目元は最後に優しくなじませる
  6. すすぎはじっくりとあせらずに洗い流す
乾いた手に適量とる(少ないと肌への摩擦がおきやすい)

ミルクタイプのクレンジングは乾いた手と顔に馴染ませる方が、肌への馴染みが良くなります。(逆に濡れていると馴染みにくくなる)そのため、乾いた手と顔の状態でメイクを落としていくのが基本です。また、手に取る量は顔全体に馴染ませた時に滑りが良いくらいを目安にして、少ない量で摩擦が起きないように注意しましょう。

 

ポイントメイクリムーバーを使用する

注意点でもご紹介していてますが、ミルクタイプのクレンジングは濃いアイメイクなどを落とすのにはクレンジング力が足りない場合があります。
そのため、必要以上に目元の皮膚に負担をかけないために、ポイントメイクリムーバーなどでポイントメイクを落としてから他の箇所をクレンジングミルクで落とす方が肌への負担が少なくて済みます。

 

肌に乗せる前に手で温める

肌に馴染ませる前に手のひらで少し温めてから使うことで、メイクとの馴染みが良くなります。
ミルクタイプの仕組みとして通常は油分が水分に包まれている状態です。この状態のままだと、油性であるメイクとは馴染みが良くありません。手のひらで温めることによって、水分が蒸発し、油分が表れ、水分と油分の量が逆転しメイクとの馴染みが良くなります。

 

額・鼻・頬・あごを先に馴染ませる

皮脂や汚れが溜まりやすい箇所へ重点的に乗せていき馴染ませます。この時に滑りが悪いと思ったら再度、クレンジングを追加してください。

 

目元は最後に優しくなじませる

目元は最初にポイントリムーバーで落としているため、残ったアイメイクを落とすために最後に優しく馴染ませましょう。
この時にも量が足りないと感じた場合にはクレンジングをプラスして擦らないように馴染ませていきます。

 

すすぎはじっくりとあせらずに洗い流す

すすぎはサッと終わらせたい所ですが、ミルクタイプの場合、ぬるま湯で少しづつ肌に馴染ませるようにすすいでいきます。
この少しづつというのはミルククレンジングの再乳化が関係していて、手のひらで温め、水分と油分のバランスが変わった「転相」された状態(この場合は水分を油分で包んでいる状態)から、再度、水分で油分を包み込む再乳化を行うことで、油性のメイク汚れを洗い流すことがしやすくなります。

 

急いで落とそうとすると、この再乳化が間に合わず、水を油分が弾いてしまい、洗い上がりのヌルつきに繋がってしまうので、少しづつ水で濡らして馴染んでから本格的にすすぎを行うのがポイントです。

 

ミルクタイプはお肌への負担を軽くできる分、少しだけメイクを落とす際には気を使う必要があります。
繊細な肌や乾燥が気になるという場合には向いていると言えますが、カッチリとメイクをする人などは時間が必要なため、普段のメイクとの兼ね合いで選ぶことがおすすめです。

 

ミルクタイプのメイク落ちに満足できない方におすすめのクレンジング

肌への負担は減らしたいけれど、ミルクタイプのクレンジング力に満足できないという方はジェルタイプのメイク落としもおすすめです。

 

ミルクタイプのよりも洗浄力がある上にテクスチャーの特徴を活かして、擦らずに浮かび上がらせることができる他、最近では乾燥対策の美容成分を配合したメイク落としも登場するなど、肌への優しさとクレンジング力のバランスが取れているメイク落としとして人気が高まっています。

 

おすすめのジェルタイプのメイク落とし

フルリ・クリアゲルクレンズの特徴

肌に優しいジェルタイプのメイク落としとして評判が良く、開発には美容皮膚科、エステティシャンが関わっており、女性の肌のプロがこだわりを持って作ったということもあり、肌に負担がかかる成分を減らし、水からこだわりを持って作っているなど、優しいメイク落としを探している方におすすめです。

また、すすぎがスムーズな点、洗い上がりの肌の質感への満足度も高く、植物性の美容成分を配合するなど、敏感なお肌の方のメイク落としをサポートしてくれます。

価格 評価 備考
3,500円⇒初回限定2,900円 評価5 ジェルクレンジング 150g
マナラホットクレンジングゲルの特徴

ジェルタイプのメイク落としでは人気トップクス、@cosmeの口コミランキングでも1位を獲得するなど、愛用者からの評判も良いです。

中でも毛穴の汚れを落とすのに役立つと評判で、温感ゲルで肌を柔らかくして汚れを落としてくれるので、こすらずに肌への負担を減らしてメイクが落とせるのがポイントです。

また、配合成分の91.4%が美容成分で、肌の保湿に役立つセラミド、ヒアルロン酸が含まれています。
モニター調査でも潤いに関する実感度も96.1%と洗い上がりの肌のつっぱりが少ないと評価されています。

価格 評価 備考
4,104円⇒特別価格2,990円 評価5 ジェルクレンジング 200g 約2カ月分
リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジングの特徴

洗浄成分が全て保湿成分となっており、保湿成分でメイクや汚れを包こんで落とします。
また、赤ちゃんのスポンジにも使用されるこんにゃくスクラブが配合されているので、毛穴の汚れを優しくからめ取ることができるので、クレンジング不足の解消にもおすすめです。

肌への負担を考慮してた弱酸性という点も、肌荒れを起こしている方にもおすすめです。

価格 評価 備考
2,848円 評価5 ジェルクレンジング 150g 約2カ月分