敏感肌におすすめのメイク落とし

メイク落とし

敏感肌の場合のメイクとし選びは、まず肌への刺激が少ないことが重要です。
メイク落としの種類によって界面活性剤の使用している量も違うこともあり、テクスチャーによっては刺激が強い場合があります。

 

ですので、肌への負担を考慮したメイク落とし選びが大切です。
また、余計な成分を含まない無添加処方などもチェックすることで、肌への負担を減らすことができます。

 

敏感肌の方におすすめの肌に優しいメイク落とし

フルリ・クリアゲルクレンズの特徴

クレンジング後に肌が乾燥や赤みなど、肌が敏感になっている方におすすめの摩擦が少ないゲルタイプのメイク落としです。

乳化力に優れた還元水を使用していることで、通常は必要な添加物や、余計な成分をカット、12種類の無添加と肌への負担を考慮しているメイク落としです。

開発に女性の肌質を知りつくした美容外科医とエステティシャンが関わっていることもあり、天然の植物エキスの保湿成分採用するなど、敏感な肌の方にもお勧めです。

価格 評価 備考
3,500円⇒初回限定2,900円 評価5 ジェルクレンジング 150g
フルリ・クリアゲルクレンズの総評

フルリ・クリアゲルクレンズは肌に優しいだけでなく、毛穴の状態を向上させる働きの効果に関する、臨床試験データ取得済みで、しっかりとケアができるメイク落としでもあります。

また、日本肌再生医学会の基準をクリアして認定商品として認められているメイク落としでもあります。

@cosmeや楽天でのランキング1位獲得など、試した方からの評判も良いメイク落としです。

現在、初回限定特典として、17%OFF、送料無料、無期限全額返金保証付きとお試しするのにお得なキャンペーン中です。

リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジングの特徴

敏感肌だけど、毛穴の黒ずみはお手入れしたいという方から好評なのが、リ・ダーマラボです。
洗浄成分はすべて、保湿成分を採用、汚れを包み込んで洗い流します。

さらに赤ちゃん用のスポンジにも使用される極小のこんにゃくスクラブが配合されているので、肌に負担をかけずに、毛穴の中の汚れをからめ取っていきます。

W洗顔不要なので、洗いすぎによる肌への負担、乾燥を予防したい方にもおすすめです。

価格 評価 備考
2,848円 評価5 ジェルクレンジング 150g 約2カ月分
リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジングの総評

42種類の美容成分が肌に潤いを与えながらメイクを落としていくので、洗い上がりの肌のつっぱりやヒリヒリとしたクレンジング時の悩み対策にも役立ちます。

公式サイトでは、購入すると1本無料で付いていくるプレゼントキャンペーンを実施しています。

D.U.O.クレンジングバームの特徴

新しいタイプのテクスチャーでもある、バームタイプのメイク落としで、肌に乗せてとろけるように質感が変わり、メイクや毛穴の汚れを浮かびあがらせて落としてくれます。

こすらずに使えることもあり、肌への負担が少ないことで、人気のメイク落としとなっています。

W洗顔不要ながら、角質ケアもカバーしているので、敏感肌の方でも、肌のくすみ対策ができるメイク落としです。

価格 評価 備考
3,600円⇒定期便1,800円 評価5 バームクレンジング 90g 約1か月分

アテニア・スキンクリアクレンズオイルの特徴

オイルタイプで肌に優しいメイク落としを探している方におすすめなのが、スキンクリアクレンズオイルです。

オイルに天然の美容オイル「アルガンオイル」を採用することで、肌への負担を減らしながら、オイルの洗浄力によって、短い時間でクレンジングできる、人気のメイク落としです。

アルガンオイルはエステサロンでも使用される美容オイルとしても有名で、天然の保湿や美容成分を含んでいるので、オイルタイプで感じる洗い上がりの乾燥を予防してくれる点が好評です。

アルガンオイルを含む全4種類のオイルは希少性の高い高級美容オイルとしても人気です。

価格 評価 備考
1,836円 評価5 オイルクレンジング 175ml 約2カ月分
アテニア・スキンクリアクレンズオイルの総評

オイルタイプのメイク落としながら、40代、50代の方の潤い不足を感じる方にも愛用者が多いメイク落としです。

毛穴や角栓ケアにも役立つ天然オイル4種類は肌に栄養を与え、潤しながら、くすみ解消にもアプローチするなど、スキンケア効果も注目です。
また、オイルクレンジングながら洗い流しもべたつかず洗顔もできる点もポイントとなっています。

素肌畑の特徴

クリームタイプの優しさに加えて、メイク落ちのタイミングを教えてくれる質感変化は必要以上にクレンジングをしている時間と肌への負担を減らしてくれます。

また、クリームタイプながら、マスカラやポイントメイクにも使えるという点で、幅広いメイクにも対応している利便性も人気です。

価格 評価 備考
1,800円⇒定期便初回1,200円 評価5 クリームクレンジング 120g 約1か月分
素肌畑の総評

公式サイトでの定期コースキャンペーンは素肌畑本品と5日分の素肌畑、洗顔料、美容化粧水のトライアルセットが付いて通常価格から1,290円割引、送料無料とお得な価格でお試しできます。

さらに30日間の全額返金保証付きで安心して始められる特典付きとなっています。

 

敏感肌のクレンジングでのポイント

敏感肌の方の場合、通常のメイクやクレンジング、洗顔を行っていても肌に刺激を感じることがあるくらい繊細な肌の状態でもあります。
肌を守る天然の保湿成分や皮脂の量が少なく、刺激に対して敏感になっている状態です。

 

そのため、クレンジングでも重要なのが洗浄力が穏やかなクレンジングでもこすらずに落とせるメイクをすることがクレンジングで必要以上に肌から皮脂や保湿成分まで落とすのを防ぐことができます。

 

また、コットンを使って落とすタイプのクレンジングは肌をこすってしまいやすいため、避けることが勧められています。
ミルクタイプやジェルタイプのクレンジングは皮膚科でも勧められることもある洗浄力が穏やか、肌をこすらずにメイクが落としやすいテクスチャーと言われています。

 

普段しているメイクによってクレンジングを選ぶ必要があるのは基本ですが、敏感肌の方の場合、メイク用品の成分自体が刺激となっている場合があるので可能ならナチュラルメイクで落としやすいメイクをするのも大切です。

 

敏感肌のクレンジングのやり方について

  1. アイメイクをポイントリムーバーで先に落とす
  2. クレンジングを手で温めてから肌に馴染ませていく
  3. 滑りが悪い場合にはクレンジングの量が足りない場合があるため追加する
  4. こすらずにクレンジング剤を滑らせるように馴染ませる
  5. すすぎはぬるま湯(30〜32度くらい)ですすぎ、皮脂を落としすぎない

クレンジング後の洗顔は使用するクレンジング剤によって違いがあります。基本はダブル洗顔が必要という場合が多いですが、クレンジング後の洗顔で洗い上がりに乾燥がひどい場合には、ダブル洗顔不要のクレンジングを使用して洗顔の回数を減らして肌の様子を見ることも必要です。

 

また、タオルドライは肌をこすらないように注意し、素材による肌への刺激が無いかも合わせてチェックしましょう。

 

旧指定成分無添加とは?

低刺激なクレンジングに多いのが無添加クレンジングですが、その中には香料や着色料、石油系界面活性剤、鉱物油、アルコール類、パラベンが無添加という表示を見かけるかと思います。

 

その他にも旧指定成分と呼ばれる国が定めたアレルギーを引き起こす可能性がある成分があり、古くは102種類あり、これらの成分は含まれている場合には必ず明記することが定められていました。

 

しかし時代が変わるにつれて新たな薬事法の改定があり、成分を全て明記する必要があります。その中で古い指定成分については旧指定成分としてまとめて表示し、これらを不使用の場合には旧指定成分無添加というように記載します。

 

超低刺激なクレンジングはある?

敏感肌の方にとってクレンジングは低刺激であることというのは重要なポイントです。
多くの形状があるクレンジングですが、基本的にはどのタイプを使用しても、メイクの濃さによって合う合わないがあることを前提に選ぶ必要があります。

 

例えば、比較的、洗浄力が穏やかなミルクタイプは乾燥しがちな肌の方にも使いやすいというメリットはあるものの、濃いアイメイクなどは落とすのに時間がかかってしまったり、落としきれない面があります。

 

また、オイルタイプやリキッドタイプは洗浄力が高い分、濃いメイクも素早く落とせる分、使い方によっては必要な皮脂まで落としてしまうことに繋がりやすいです。

 

敏感肌の方でも毎日メイクはする方が多いと思いますので、まずは使用しているメイクアイテムの性質やメイクの濃さを把握した上でクレンジング剤を選ぶことがその人に合った低刺激なクレンジングとなることが多いです。

 

クレンジングジェルは洗浄力と皮脂を残すバランスが良い傾向

クレンジングジェルは油分が多くとろみのあるテクスチャーが特徴です。このテクスチャーを活かして保湿成分などを多く含められることもあり、メイクを落としながら保湿成分の働きで肌を乾燥から守る働きを得ることができます。そのため、このタイプのクレンジングはダブル洗顔不要な場合が多く、クレンジングや洗顔による洗いすぎを抑えて肌を整えるのに役立つ場合があります。

 

植物オイルでクレンジング

オリーブオイルなど食用にも使用される植物オイルは通常のクレンジング剤と違い、界面活性剤が含まれていないため、皮脂の落としすぎの心配が無い点が敏感肌の方にも使いやすいです。また、オイルは油性のメイクとも馴染むため、メイク落としとしての洗浄力も高いです。

 

また、植物オイルには天然でビタミンや脂肪酸、肌との親和性が高いワックステルなどが含まれているため、メイクを落とした後の肌も皮脂による膜で潤いを保つことができます。

 

ただし、植物オイルに対してアレルギーがある場合には使用を避ける必要があるのと、メイクを落とした後は洗顔を行う必要があるので、この時の洗い方や洗顔料の選び方でも洗い上がりの肌の状態が変わるので注意が必要ですね。

 

水クレンジング(ウォータークレンジング)

水クレンジング(ウォータークレンジング)は水で落とすというイメージが定着していますが、そうではなく、オイル(油分)の代わりに界面活性剤のチカラでメイクを落としていきます。

 

そのため、水で落としているのではなく、界面活性剤による影響は少なからずあるため、絶対に肌に優しいとは言えません。
ただ、水クレンジング(ウォータークレンジング)はメイクを落とした後はすすぎが不要なタイプもあり、保湿成分が含まれているため、洗顔をした後のつっぱり感がなく洗いすぎによる皮脂の落としすぎを防ぐことができるため、使っていて良いと感じる方が多い傾向にあります。

 

水クレンジング(ウォータークレンジング)はコットンに染み込ませて拭き取るタイプのいわゆるリキッドクレンジングに分類されます。そのため、拭き取る際の摩擦や力加減によっては肌に負担となる場合があるので、使い方次第ではお肌への負担を減らせるという認識でお試ししてみるのが良いですね。

 

敏感肌はセラミドを補い保湿力を高める

敏感肌の方は肌のターンオーバーサイクルが早く、角質が落ちた後の新しい角質が整わない状態になっているため、十分な水分保持や皮脂量が足りず、刺激に対して敏感になっている場合が多いです。

 

特に肌のキメや水分を留めておくための保湿成分として知られるセラミドは敏感肌の方がスキンケアなどで補う必要がある保湿成分と言われています。

 

セラミドの効果・働き

セラミドは肌の表皮の角質層にある成分で、肌の細胞と細胞の隙間を埋めるようにして存在している細胞間脂質の一つです。
細胞間脂質は水分を蓄えた肌から水分の蒸発を防ぎながら外部からの刺激をバリアする役割を果たしていて、その上で皮脂が天然の保湿クリームとして肌を守っています。

 

このセラミドが剥がれてしまい、不足した肌はキメが荒れ、水分を与えても、蒸発しやすい状態になっています。
また、セラミドは年齢と共に不足していく成分でもあり、若い時と比べて肌の潤いが減る、乾燥しやすくなる理由の一つでもあります。

 

皮膚にあるセラミドの種類について

私達の肌に存在しているセラミドの中で保湿などに関わっているセラミドは5種類あると言われています。
それぞれが、各種と密接な関係を持っており、影響を与え合い、バランスを取っています。

  • セラミド1:水分保持とバリア機能
  • セラミド2:水分保持と水分のバランスを取る
  • セラミド3:水分保持としわを減らす働きやターンオーバーサイクルにも関わる
  • セラミド4:角質層のバリア機能を作り保つ働き
  • セラミド5:水分保持とターンオーバーサイクルの促進

この中で水分保持に関わるセラミド1、2、3は重要な働きをしていると言われており、セラミド化粧品にも多く採用されています。
そのため、セラミド化粧品を選ぶ時にはセラミド1、2、3が配合されているか?という点は一つの判断材料になります。

 

中でもセラミド2はセラミドの中でも皮膚に多く含まれているため、不足した場合の影響が大きくなります。また、セラミド1が不足してしまうと肌のバリア機能の低下にも繋がりやすく、敏感な肌になる傾向にあるようです。

 

化粧品に配合されているセラミドの種類と選び方

化粧品に含まれるセラミドには主に天然セラミド、ヒト型セラミド、植物性セラミド、合成セラミドがあります。

 

天然セラミド

この中で天然セラミドは動物由来のセラミドで馬由来のものが多いです。
人間の細胞間脂質と近いため、肌との馴染みが良くトラブルにもなりにくいと言われています。
ただし、原料が希少なため、価格が高価になりやすいのが、難点です。

 

ヒト型セラミド

ヒト型セラミドは酵母を利用して作られた人工的なセラミドですが、人間の皮膚にあるセラミドと同等の化学構造であることから、肌にも馴染みやすく優しいとされています。セラミド化粧品の中では多く使用されているのが、このヒト型セラミドです。セラミド1、セラミド2、セラミド3という番号が付いているのを見かけたことがあるかもしれませんね。

 

ただ、ヒト型セラミドも天然セラミドと同様に抽出工程のコストがかかるため、価格面では高くなってしまう傾向にありますが、その分肌への刺激の少なさはトップとも言われています。

 

植物性セラミド

保湿成分としても知られる米ぬか油や小麦胚芽油などから抽出されたセラミドで、元々がお肌の潤いを高めるのに優れている植物成分なため安心して使いやすい点があります。最近ではこんにゃくセラミドなども注目されましたね。

 

合成セラミド

石油原料から作られている化学合成のセラミドです。セラミド化粧品の中でお手頃な価格で作られているタイプに使用される傾向にあり、生産コストが低いため、実は流通量が多いのがこの合成セラミドです。疑似セラミドとも呼ばれています。

 

スキンケアにセラミド化粧品を取り入れる場合、ヒト型セラミドがおすすめです。というのも化学的に培養されたヒト型セラミドは天然セラミドよりも人間の皮膚のセラミドとほぼ同等の化学構造であることから、馴染みが良いので、敏感な肌の方にも使いやすいです。

 

セラミドを増やす食べ物はある?

セラミドは化粧品で補うのが効率面ではおすすめですが、日々の食事によってセラミドの生成を促すことができます。
食べ物の一例としてはお米、小麦、大豆、こんにゃく芋、牛乳など、私達に身近な食材にも含まれています。

 

ただしセラミドだけを摂ることを考えて食事を用意すると白米だけでは茶碗25杯分に相当するなど、あまり現実的ではありません、そのため、健康的な肌を作るためのビタミンやミネラルが豊富な野菜や魚中心の食事やたんぱく質を取れる大豆製品を取り入れることで栄養バランスが整い、健康的な肌を作るのに役立ちます。